FC2ブログ
プロフィール

プシケ

Author:プシケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ふり~雀荘プシケ
東大阪の雀荘プシケのHP兼ブログです。
シリーズ「H本くん説教部屋」part3
H本くん説教部屋はまだしばらく続きます(笑)

②③④一二三三四四四四五六4 ドラ一

君はこの手牌の待ちがわからず大長考
待ちがわからないにしろ切る牌は一つ。
こういうとこで長考すると切る牌が待ちに絡んでいるように
思われてしまうので一種の三味線行為にとられてしまうことがあります

切ってから考えましょう

で、こういう手の待ちの見分け方。
万子の部分の内、一は一二三でしか使えないから
この面子をまずどけてみる。
すると 三四四四四五六 が残る。
でまずは槓子のうち3枚をどけてみる。
四四四 三四五六 これで三六のノベタン待ちがわかる。
次に2枚をどけてみる。
四四 三四四五六 これで二五のリャンメン待ちがわかる。
つまり二三五六待ちということ。
これはメンチンのときにも使えるコツだから絶対覚えよう!

【待ちの見分け方 その1】→3枚以上の牌のかたまりがあるとき
・まずアンコを抜く、次に対子を抜く

もうひとつ3種類以上の連続した対子があるときは
イーペーコー部分を抜く、という見方があります。
上の2つと合わせてこの3つでメンチンでも完全に待ちがわかります。


とりあえずもう1本!

親番
12345589四六⑤⑥⑦ ドラ4

君はここから4を切ってリーチ

説教説教説教説教!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

テンパイをとるかどうかは状況にもよるので
別にかまわないけどせめて1を切るのが正着

言うに事欠いて「このほうが出ると思って・・
と言ったそうですが、この発想自体が大問題
どうやったら出やすいか、ということを考えるのは大切なことですが、
この切りで出アガリを望むのは独り善がりというものです。

まずは君のリーチに対して
・他家がベタオリをしてくる
そしてたまたま
・捨て牌と照らし合わせて安全そうな牌が一切ない
という状況でそのうえ
・7を手の内にたまたま持っていて余っている・・・

そんな複合が起こって初めてこのひっかけが成立します。
7はたしかに筋ですが7の周りの牌は危険牌に見えます。
孤立の7でない限りターツで78、67などと持っていれば
8や6を切らないようにするために7にも手をかけることはありません。

そのうえもし7が不要牌であれば筋だろうが筋じゃなかろうが出るときには出ます。
4567など4か7かの選択になった他家がいれば普通7を選びます、4がドラならね。
それが4きりだと4を合わせられて7は出なくなる、ということもありえること。
そして4を切ることにより4の下の2や3なども
安全牌の候補として考えられてしまうというのも問題です。
筋を追わせたい、と考えているのに安全牌を増やしてどうする(笑)!

結局ツモって2000オール(爆)
おいおいちゃんと打ってれば4000オールだろうが!(T_T)
スポンサーサイト




テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pushikehp.blog94.fc2.com/tb.php/18-680314a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)