FC2ブログ
プロフィール

プシケ

Author:プシケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ふり~雀荘プシケ
東大阪の雀荘プシケのHP兼ブログです。
最高位戦関西C3リーグ第3節。

一発目の半荘。
東1局の親番で軽く連荘して5万点弱のトップ目に立ち、
貰った手牌がこんな手。

man1.gifman1.gifman3.gifman3.gifman4.gifman5.gifpin6.gifpin6.gifpin6.gifpin7.gifpin8.gifsou3.gifsou4.gif

ドラman3.gif


3巡目でこんな形になったら「これは出来上がったな」
なんて内心ほくそ笑みつつ、ここでダメ押しと考えていたら
パパっとpin9.gifが場に3枚出てしまい、ちょっと先行きに暗雲・・・

8巡目に対面が切ったドラのman3.gifを思わず「ポン!」

シャンテンの変わらない鳴きですが、喰いタンに向かって
動き出してしまいました。
すると・・・対面がツモ切ったのがman2.gif (T_T)

ぐ・・・テンパイ逃し(涙)
なんでこんな良い状態のときにどっしりと構えられないのか
自分で自分をぶん殴ってやりたい・・・


この温い仕掛けは結局あがれないどころか対面に放銃。
悪い予感がビシバシしたとおり、ここからあれよあれよと言う間に
それまで傍観していた上家に捲くられて2着目に転落。

それでも踏ん張って南2局マンガンをあがり返して
再び5万4千持ちのトップ目に返り咲き。
あと2局流せば・・・

迎えた南3局、

pin4.gifpin4.gifman4.gifman5.gifman8.gifman8.gifman8.gifchun.gifchun.gifhaku.gif    nan.gifnan.gifnan.gifポン

nan.gifポンと仕掛けて、あとはchun.gifが鳴ければ・・・というところで
上家から出たman6.gifをスルー。
チーしてシャンポンテンパイで問題ないんですが
守備力が低下することをちょっと警戒してしまったんですよね・・・

結果的に鳴いていれば対面の親にchun.gifが流れて・・・
おそらくそこで終局だったんですが、鳴かなかったために
chun.gifをポン、でテンパイまで。

ここでダンラスの下家からsou3.gifをアンカンしたリーチが掛かってしまい、
さらに親からも追っかけリーチ。

まさかの大ピンチ!

現物のpin4.gifで回った結果、私の手牌は

man4.gifman5.gifman5.gifman5.gifman8.gifman8.gifman8.gif   nan.gifnan.gifnan.gifポン   chun.gifchun.gifchun.gifポン

安めでマンガン、高めでハネマンという形でテンパイ復活。
これで勝負出来る!と思ったところで下家が掴んだのが

・・・man7.gif


あれ? それは違う・・・

これが親のペンman7.gifの一通に突き刺さり、親ッパネ。

これを皮切りに親が大爆発!
なんと7本場を積んで6万点超えの大トップに
なってしまいました。

私も3巡目リーチに対し、スジのman8.gif
で放銃したらこれが
もろに裏ドラになり、親ッパネを献上して3着に転落。

それでも2着まではあとひとアガリ・・・と
闘志を失わずにいたのですが、
競っていた2着目がダンラスの下家から国士を
あがってこちらも6万点超え(爆)

2人6万点がいて、2万6千持ちの3着目って
何をすればいいの?(>_<)

2回戦はリーチがバンバンかかるものの、
誰もあがれず、供託だけで5千点。
南場の親でカン5ピンの一通を仕留めて
供託リーチ棒を総ざらいし、トップ目に立って
今度こそ!と思いきや・・・

対面のリーチに筋のman3.gifで放銃したら
なんとアンカンしているpin8.gifがダブルで裏ドラに!

リーチタンヤオ、ドラ9・・・トリプル!

赤なし、即なしのルールでトリプル打ったのなんて
初めてです(涙)

意地でハネマンをツモリ返して3着に浮上するのが精一杯。

3回戦・・・またもやトップ目に立つものの、
2着目との接戦に敗れ2着。トップが遠い・・・

最終4回戦はすでに体力的に限界・・・なんてのは
言い訳ですが(爆)場に参加することも出来ず
ズルズルとラスを引いて終了。

しょっぱい仕掛けをするくらいなら
黙って死んだ方がマシだな、と痛感。
負けてもいいからもっと気持ち良く麻雀を打たないと
ストレスがたまってしまいそう。
成績うんぬんよりもまずは自分の意思を
貫けるよう改めて仕切り直しです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する