FC2ブログ
プロフィール

プシケ

Author:プシケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ふり~雀荘プシケ
東大阪の雀荘プシケのHP兼ブログです。
「ん~ちょっと待ってや~・・・」

と少々長考に入ってしまったアンダーザウッドさんの手牌は

sou2.gifsou2.gifsou3.gifsou4.gifsou4.gifsou5red.gifsou5red.gifsou5.gifsou6.gifsou6.gifsou7.gifsou7.gifsou7.gif



とガッツリと索子に染まったメンチンテンパイ。

たしかにアンコが並んでしまっており、パっと見では
待ちがわかりにくいのもわかります。

以前、書いたことがありますが、メンチンの待ちは

1)アンコを抜く(複数あれば全部抜く)
2)アンコの内、1個を返す(複数あれば順番に1個返していく)
3)連続した対子が3つ以上並んでいる場合、イーペーコーを抜く
  (待ち部分とイーペーコー部分の兼ね合いに注意)

この3つの手順で完璧にわかるようになっています。
今回の場合はまず、アンコのsou5.gifsou7.gifを抜いてしまうと

sou2.gifsou2.gifsou3.gifsou4.gifsou4.gifsou6.gifsou6.gif sou5.gifsou5red.gifsou5red.gif sou7.gifsou7.gifsou7.gif



めっちゃわかりやすく・・・sou3.gif待ちが浮き出てきます。

で、2)の手順

sou2.gifsou2.gifsou3.gifsou4.gifsou4.gifsou5.gifsou6.gifsou6.gif sou5red.gifsou5red.gif sou7.gifsou7.gifsou7.gif

うーん、これは形になってませんね。却下です(^^;

同様に

sou2.gifsou2.gifsou3.gifsou4.gifsou4.gif sou6.gifsou6.gifsou7.gif sou5.gifsou5red.gifsou5red.gif sou7.gifsou7.gif


これもダメ。

この手牌では連続した対子が3つ並んでいるので3)の手順。

sou2.gifsou2.gifsou3.gifsou5.gif sou4.gifsou4.gifsou5red.gifsou5red.gifsou6.gifsou6.gif sou7.gifsou7.gifsou7.gif


おっと!sou4.gif待ちが出てきました。

これで終了・・・と言いたいところですがよく見ると
右に抜いたイーペーコーの部分に待ちであるsou4.gifが入っていますので
ちょっと並び替えてみると

sou2.gifsou2.gifsou3.gifsou4.gifsou5.gif sou4.gifsou5red.gifsou5red.gifsou6.gifsou6.gif sou7.gifsou7.gifsou7.gif



うむ。sou4.gifだけじゃなくsou2.gifsou7.gifも待ちでした。
3)の手順のときにはこの派生があるので気を付けなければ
いけませんね。

ということで、最終的に待ちは・・・sou2.gifsou3.gifsou4.gifsou7.gifということがわかりました。

しっかりと待ちの確認をしたUWさんは

「待ちはわかったけどリーチって言えないわけがあんねん。
 テンパイはしてるで、気を付けてや」

・・・どうやら四暗刻への手替わりを意識しているようです。

でも手替わりする牌の内、sou2.gifsou4.gifはツモになってしまうわけで
実質的に有効な手替わり牌はsou6.gifだけ。

これって待っている内に先にあがっちゃうんじゃねーの?!

なんて思って見ていたわけですが・・・

グリグリと盲パイしたUWさんが持ってきたのは
待ちに待ったsou6.gif!(おー!すげー!\(◎o◎)/!)


ツモ!   え?!Σ(・ω・ノ)ノ!


力強くsou6.gifを叩きつけたUWさんですが、残念ながらそれは
あがってません(誤ツモ:涙)

「あーそうや~、待ちはsou2.gifsou3.gifsou4.gifsou7.gifってわかってたのに・・・
 唯一高目に手替わりする牌で間違えてもうたら
 なんで待ってたのかわからんやん・・・」


せっかくの好手牌がチョンボで消えてしまい、ガックリ。
待ちの確認はくれぐれも慎重に・・・。
スポンサーサイト



近大麻雀サークルの子がおススメ本として持ってきた
「おしえて!科学する麻雀」

あえて言いますが・・・科学は科学でも「疑似科学」
もしくは「似非科学」の類である、と私は思っています。

麻雀にデータを持ち込んで検証する、というアプローチを
したことは評価できますし、この本の前文部分には
それなりにためになることが書いてある、とは思いますが
いざ、本題のデータを使った検証が・・・クソ過ぎて泣けます
(表現が悪くてすいません)

元々の著者のとつげき東北さんは・・・麻雀という毎回
同じ局面がなく、個人差もあるゲームをなんとか
データとしてまとめるために苦労されたかと思いますが
結果として、まったく意味合いの違うものまで目をつぶって
「どんなカンチャンもカンチャンはカンチャン」的な
思考停止を行った感があります。

改めてまとめ直した福地誠さんは近代麻雀誌での連載の
内容もそうでしたが・・・正直、カモを育成しようと
しているんじゃないか、という疑惑が(爆)

ほとんどの内容は統計というまやかしに裏打ちされているだけで
実際問題、目の前の手牌とは何ら関りがないものと
なっています。
宝くじの当選者(1等)の星座や頭文字を調べてまとめても
次の当選者にはなんの関係もない、というのと一緒。

まぁ世の中、水素水に騙される人も数多くいるわけで
もっともらしいことを書けば売れる、ということ
なのかもしれませんね。

せっかく持ってきてくれましたが、「おススメできない本」
として学生の子らには紹介しとこうと思っています。

IMG_0034.jpg

IMG_0020.jpg
IMG_0026.jpg

52000点のトップ目で迎えたオーラス。

四暗刻を狙って手を作ってきたところに、下家、対面(親)から
2軒リーチを食らって・・・さぁ何を切る?

sou6.gifは親の現物ですが、下家は明らかに染め手気配。
倍満直撃だと逆転してしまうわけで安易に選べる牌ではありません。
その意味ではsou3.gifsou4.gifももちろんションパイのnan.gifも1枚切れのsha.gif
危険牌。

ドラのpin9.gifは場に切れてしまっていますが、だからこそ
親のリーチにpin3.gifpin6.gifpin9.gifの筋は切りづらい状況。
親に打てばこれまた逆転もしくは連荘になるわけで
下家を避けようとして親にやられては本末転倒です。

さて・・・あなたの選択は?





[READ MORE...]

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

4/1に大会をやるよ~って連絡を回したら

「エイプリルフールやん?優勝したら賞金は嘘でした~なんてことは
 ないやろね?」

みたいな返信がいくつか返ってきました(爆)

もちろん、ちゃんとした嘘ではない大会です(^^;

今回は「鳳凰杯予選大会」

本来、鳳凰杯はお店のオーナーや店長などが出場する大会ですが
他店の様子をみていると・・・どうやらメンバー、常連さんなんかも
選手として出ている感じです。

ということで今年はプシケでも選手を選出する予選大会を開催!
さて勝ち抜いてプシケの看板を背負って戦ってくれるのは?!

【大会風景】
IMG_0016.jpg

IMG_0015.jpg

当日キャンセルが出てしまったので私も黒子として出場していたのですが
4回戦が終わるまで微差ながらトップ・・・うーん、嬉しいような寂しいような・・・?

なんて、油断しながら?5回戦の卓について・・・1局目、
いきなり親の三倍満を打ち込んでぶっ飛び!

おいおい、そりゃ厳しいぜセニョール・・・・と気を取り直して
6回戦(最終戦)の1局目。

親番スタートでなんとか連荘をしたい、と終盤にぶんっと切った7ピンに

「ロン!」

「ロン!」

なんと子供の3倍満と数え役満のダブロン(゚Д゚)ノ

ここまでの貯金をすべて吐き出して夜空の星となってしまいました・・・

激戦を制して優勝したのは・・・・

【優勝:T田さん】
IMG_0017.jpg

5回戦、6回戦で私を踏み台に大躍進(爆)
やられました~

【準優勝:山田さん】
IMG_0019.jpg

こちらも最終2戦で粘りに粘って急浮上。
大会で活躍することが多い印象の山田さん、
勝負強さが光りますね~

本番でも大活躍を期待しています♪