FC2ブログ
プロフィール

プシケ

Author:プシケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ふり~雀荘プシケ
東大阪の雀荘プシケのHP兼ブログです。
牌の持ち方にも個人差はあると思いますが、おおよそ
右手の小指が支えになっているのがオーソドックスな感じかと。
ちょっと麻雀を打ち過ぎたためか、ここ数日
この小指が・・・激痛。


牌をすっと持ち上げた瞬間にビリっと電流のように
痛みが走るようになってしまいました。
ずっとずっと打ち続けてきて、不器用な私でもさすがに
余分な力は抜けて自分なりのフォーム?が出来てきたかと
思っていましたが、こんな風に体の一部に負担が集中するってことは
どこか間違った、というか、バランスが崩れているところが
あるのかもなぁ・・・なんてことを考えてしまうのは
「バガボンド」を読み直したからなんでしょうか(笑)

※プシケの本棚に「バガボンド」が揃いました。
 麻雀の合間に是非どうぞ♪

KIMG0210.jpg

スポンサーサイト



テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

昨日は2週間ぶりのお休みでしたが、18,9年ぶりに
昔の常連さんがいらしたということで昼から土砂降りの中
いそいそと店へ。

当時30代中盤だった方が今や55歳。
髪の毛は総白髪になっていらして、むちゃくちゃ痩せて
街ですれ違っても絶対にわからないくらい・・・
ただ、相変わらずの酒豪ぶりとショートホープが懐かしかったです。

晩に帰宅してちょっと一休みしていたら今度は
朝の4時に出勤要請。

卓入りしてすぐにポンポンと放銃して「あらら」と
思っているうちに状態は近来まれにみる絶不調へ。

壁の裏側!ロン!筋!ロン!字牌の2枚落とし!ロン!
もう勝負や!まっすぐ!ロン!

競り合いに持ち込むこともできず、こっちが何シャンテンか
わからないくらいバラバラのうちにリーチ!リーチと
いじめられ続けて迎えた何回目かの半荘。

東発の親が2本積んだところで3巡目に

pin1.gifpin1.gifpin2.gifpin2.gifpin4.gifpin4.gifpin5.gifpin5red.gifpin7.gifpin7.gifpin8.gifpin9.gifnan.gif


と筒子が押し寄せた手牌になり、5巡目にpin9.gifをツモって
メンチン七対子のテンパイ。

nan.gif単騎ならあっさりあがっていましたが、さすがに
ホンイツに落とすような手じゃないので問題なし。

場にはpin7.gifが1枚出ており、pin8.gifはポロっと
こぼれてもおかしくなさそう、とわくわくして見ていると

pin3.gifセーフ!pin9.gif惜しい!pin7.gif通し!

ギリギリのところを切られ続けた上に対面の親がリーチ。

pin7.gifが全部見えたのにpin8.gifが姿を見せないのは
気持ち悪いですが、オールオアナッシング!と思い切って
ツモってきたsou1.gifを切って追いかけリーチ!

数巡後、親のカロトくんが「ツモ」

加「ちょっと高いよ」

sou2.gifsou2.gifsou2.gifsou3.gifsou3.gifsou3.gifsou4.gifsou4.gifsou6.gifsou6.gifhatsu.gifhatsu.gifhatsu.gif ツモsou4.gif

なんと緑一色!ん?四暗刻もついてるやん!

加「sou1.gifも当たりだったんだけどね」

ぐぐぐ、見逃されたうえにダブル役満を食らう屈辱。
こっちもメンチンの勝負手だったというのに・・・

ちなみにpin8.gifは上家が暗刻でした(涙)

ダブル役満の祝儀に加えて2人同時にぶっ飛び。
プシケでは2人飛ばしは余分に祝儀がつくルールなので
半荘1回で2回ぶっ飛んだくらいの大マイナスとなってしまいました。

このあともやることなすこと全て裏目。
なんと4時間ノートップという鼻血ものの大敗を喫して撃沈。
何しに朝からのこのこ出てきたのかと・・・(>_<)
haku.gifを鳴いてあっさりとマンガンのテンパイを入れたゴールド本さん。

pin4.gifpin4.gifpin5red.gifpin6.gifpin7.gifpin8.gifpin9.gifhatsu.gifhatsu.gifhatsu.gif    ポンhaku.gifhaku.gifhaku.gif

なぜか捨て牌にpin6.gifが切ってあるのは微妙ですが(爆)
上家のK藤くんがpin5.gifを暗刻にしており、見た目以上に
面白い待ちになっています。

ここに対面のM岡さんからリーチを食らい、ツモpin3.gif

pin6.gifを残していればすでにここでツモあがりでしたが
まぁhatsu.gifを切ればスムーズに回れる形。
実質的には薄い待ちになってしまいますが、pin2.gifは場に
出ていないのでチャンスはありそう・・・と思ってみていると
G本さんはおもむろに

打 pin9.gif  (゚Д゚;) ナンデスト?

え?いや・・・たしかにリーチ者の現物ですが、中ぶくれに
受けなきゃいけない家訓でもあるんでしょうか(爆)

思わず勝負の行く末を身を乗り出して見守ってしまいましたが、
2巡後、あっさり

ツモ pin4.gif  マジか!(+_+)

pin3.gifpin4.gifpin4.gifpin5red.gifpin6.gifpin7.gifpin8.gifhatsu.gifhatsu.gifhatsu.gif   ポンhaku.gifhaku.gifhaku.gif   ツモpin4.gif


これにはリーチ者のM岡さんも苦笑い・・・

「なんでhatsu.gif切らんの・・・」

と小声でつぶやくと、G本さんは

pin3.gifが切りたくなくて・・・」

と斜め上からの返答。会話が成立していませんが
まぁ見ている私にも説明が出来ません(爆)


数半荘後、そんなこんなで絶好調になったG本さんの手は
こんな感じになっていました↓

sou2.gifsou3.gifsou5.gifsou6.gifsou7.gifpei.gifpei.gifman9.gifman9.gifpin1.gifpin2.gifpin3.gifpin4.gif   ツモ pin4.gif

イーシャンテン変わらずで、役牌のpei.gifの相方をman9.gifにするかpin4.gifにするかの選択。

man9.gifは場に一枚出ており、待ち頃ですが先に切られてしまうと
厳しくなってしまいます。
pin4.gifは狙える牌ではありませんが、pei.gifがションパイだけに
リャンメンへの変化も見据えられるというメリットがあります。

で、G本さんの選択は・・・打sou3.gif  (゚Д゚;)ハイ?

別に索子の下が場に出ているわけでもなく・・・七対子への変化を
考えるような手格好ではない感じ。
唯一のリャンメンに手をかけて・・・一体どうなるのか?!

というところにまたもやM岡さんからリーチ。
先ほど切ったsou3.gifは現物ですが、残してしまったsou2.gifは通っていません。

ツモpin5.gifで打pin1.gif(現物)、想定どおり?リャンメンに変化。

ここにsou3.gifを引き戻してようやくman9.gifの対子落としへ。
なんかナチュラルに上手くいってますね(笑)

pin3.gifをツモってman9.gifを切ってテンパイ。

sou2.gifsou3.gifsou5.gifsou6.gifsou7.gifpei.gifpei.gifpin2.gifpin3.gifpin3.gifpin4.gifpin4.gifpin5.gif


役がないのでリーチを打たないと出あがりが利きませんが
・・・・なぜか闇テン。

???と思ってみていると、リーチ者のM岡さんがもってきた
pei.gifを「ポン」 ファッツ?!(゚Д゚;)

いや、あの・・・せっかくメンゼンでリャンメン形でテンパイしているのに、
引き戻したsou3.gifを切ってsou2.gif単騎に受ける意味は?

100歩譲ってsou2.gifが安パイならば、危険牌をもってきても
打ちまわせる、というメリットがありますが、
ワンチャンスとはいえ、まだsou2.gif自体が危険牌だけに
単騎の切り替えもへったくれもありません。

この動きがどんな結果を生むのか?と注目していると
ツモ巡がズレて上家に食い流れたのはpin6.gif、次巡もさらにpin6.gif

ハイテイ前でpei.gifを加カンして流局しましたが、
リーチ者の待ちは・・・pin3.gifpin6.gif  \(◎o◎)/!ワオ!マジカ!

sou1.gifsou4.gif待ちでリーチを打っていれば放銃となっていました。

まぁ鳴かなくてもpin6.gifツモでpei.gifを切って回ればpin6.gifが重なって
テンパイは出来ていましたが、一体何を閃いて役なし闇テンに
構えたのか・・・うーん、詳しく教えて貰いたいものです。小一時間・・・