FC2ブログ
プロフィール

プシケ

Author:プシケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ふり~雀荘プシケ
東大阪の雀荘プシケのHP兼ブログです。
RIVAL11最終結果
RIVAL11本戦、ズルズルと後退し、もう後が無くなったプシケチーム。

3回戦が始まるまでの休憩の間に、
「こうなったら中途半端な成績はいらんから、オールトップね!」

「失うものはないねんから、トップ目指してガンガンいこう!」

とミーティングで確認し合い、気合を入れ直しました(^^)

【3回戦】
山田3回戦

山田さんの卓はなんと灘プロ、望月プロが同卓。
この大事なときに、なんちゅう厳しい卓に・・・(涙)

東1局、親の灘プロが望月プロを仕留めて親のマンガンを和了。
その1本場、灘プロから鬼みたいなリーチが入ります。

man4.gifman4.gifpin4.gifpin4.gifpin8.gifpin8.gifpin8.gifhatsu.gifhatsu.gifhatsu.gifchun.gifchun.gifchun.gif

なんとツモり四暗刻。
親なのでツモると望月プロがぶっ飛び、出和がりでも裏ドラ次第で
他家も瀕死の状態に追い込まれてしまいます。

ここに関西学生代表チームの子が果敢に追いかけリーチ!

我らが山田さんは・・・完全に降参のポーズ(爆)
まさかここまで煮詰まっているとはわかりませんよね。

結局、テンパイが入った望月プロからpin4.gifが出て18300!・・・ドッカーン!

なんと東1局で何もせずに終わってしまいました。
上家がリーチ棒を供託していたため、山田さんはラッキーな?2着。
いやいや・・・仕方がないんですが、トッププロの破壊力には
驚かされました。

早見3回戦

一方の早見くんはトップ目が30300点という微差で迎えた南3局。
こちらは和泉プロとの対戦です。

前局が流局だったため、供託リーチ棒が3本。
親番の早見くんは和がれたら一躍トップに立つという3着目です。

序盤から対面が仕掛けて3フーロ。
明らかにチャンタですが、ドラがman9.gifだけに、下手をするとマンガンまで
あるかもしれません。

しかし、最後の親番、失うものはない状況だけにここはガンガン行くだけ!

・・・と思って見ていたら、字牌を絞って半分オリ気味・・・ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

しまいには2枚切れのnan.gifman3.gifが4枚見えている状況で3枚目のman1.gifを止めて
ベタオリ開始。

あらら・・トップしか意味ないって言ってるのに(涙)

結局、その局は和泉プロが積極的に仕掛けて値千金の和了。

それでもオーラスにマンガンをツモれば逆転トップという状況でしたが
あっさり対面にハネ満をツモられて3着で終了。

大会的にはこれでほぼギブアップですね・・・

【4回戦】
早見4回戦

早見くんは望月プロとの対戦となりました。
ここまでくると勢いの差は明らか。
上位を狙う暫定4位、5位のチームは目の色が違うだけでなく
ここまでに積み上げてきた「何か」がある気がします。

スタートから4000オール、4100オール、負けじと南家が
3000、6000!、そして親になると4000オール!(爆)

望月プロも早見くんも何も出来ずに点棒を払うだけの傍観者状態。
結局、東2局に早見くんがぶっ飛ばされて終了(>_<)

うーん、今回は本当に良いとこなしで終わってしまいました。

山田4回戦

早見くんがぶっ飛ばされた横の卓で山田さんは和泉プロと対戦。

途中に細かいミスがあっただけでなく、
さすがにテンションが下がってしまったようで、最後は自ら試合終了を
宣言するようなラスからラスへの和がり。

お疲れさまでした・・・。

【最終成績】
成績

24チーム中、19位・・・最初は5位だったのに・・・残念無念。

【表彰】
★準優勝 コブラツイスト
準優勝コブラツイスト

★優勝 関西学生代表チーム
優勝関西学生代表(ポッチ)

コブラツイストは昨年の優勝チーム。
2年連続の上位進出はさすがとしか言いようがありませんね。

関西学生代表チームは実質、京都のPottiのチーム。
強いオーナーに揉まれてここまできた、という優勝コメントでしたが
お客さんやメンバーにとって、お店のオーナーの腕というものも
大きな影響があるんですね(^^;
私も気合を入れ直して麻雀を打っていかねば・・・と猛省です。

来年は是非、優勝を!
プシケを代表して頑張ってくれる人、大募集です(^^)/
スポンサーサイト



テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

RIVAL11本戦結果 part2
ライバル11本戦レポート、第2弾です。

【2回戦】
早見2回戦

名誉挽回を狙う早見くんは灘プロとの対戦になりました。

しかし、東1局1本場、親とのリーチ合戦の最中に灘プロの仕掛けが入り、
なんとpin5red.gifを掴まされて親満と3900点のダブロンの放銃。
一気に箱割れの危機に陥ってしまいます。

次局もテンパイを灘プロに捌かれてしまい、迎えた東2局。

sou2.gifsou3.gifsou5.gifsou6.gifsou7.gifpin3.gifpin4.gifpin6.gifpin6.gifman2.gifman3.gifman4.gif

こんな絶好の形に安めのsou1.gifを引いてテンパイ。

1巡だけ回して「リーチ!」と宣言した早見くん。

pin2.gifpin5.gifも良い待ちでしたが、
・・・場をよく見るとsou4.gifも十分に残っていそう・・・。

案の定、sou4.gifをツモって、なんと次巡にpin5red.gifツモ。

三色は崩れていますが、ハネ満ツモだったところが1300、2600・・・。
うーん、点棒がないだけに平和のみをリーチ平和にしても仕方ないわけで
pin2.gifをツモってからフリテンリーチという手もあったかもしれません。

それでもなんとか迎えた親番で、またもや大物手が入りました。

pin3.gifpin4.gifpin5.gifpin6.gifpin7.gifpin8.gifsou3.gifsou4.gifman3.gifman5.gifman7.gifman8.gifman8.gif

345の三色のイーシャンテン。ここで一発復活なるか!とわくわくしながら
観ていると・・・

ツモpin7.gif→ツモ切り (まぁ当然だわな)
ツモpin2.gif→打man7.gif (む?!三色決め打ち?、それは早いんじゃないか?)
ツモpin6.gif→打man5.gif (おいおい!フリテン残して3色崩してどーすんの?!)

筒子がフリテンでなければ、もしくは万子がとてつもなく高い
とかでなければ百歩譲ってないとは言いませんが
今回の場合はそんなこともなく、逆に万子が狙いやすいくらいの捨て牌。
これはどうなるんだ・・・?と思っていたら

ツモman4.gif

・・・さ、最悪(>_<)

最高のツモのはずが最悪の裏目になってしまいました。・゚・(ノД`;)・゚・

泣く泣くツモ切ると当然のように次巡のツモはsou2.gif

三色には仕上がっていませんが、即ツモでマンガン、裏ドラ次第でハネ満
というところがやっとフリテンテンパイ。
灘プロからリーチが入り、無理矢理追いかけますが・・・当たり前のように
一発でツモられて親被り。

次巡も早くにテンパイが入りますが、この牌勢で和がれるはずもなく、
最後は親満をツモられてぶっ飛びでラス・・・・

山田さんはギリギリのところでかわされてしまいましたが
それでも2着死守。

これで一気にトータルも12位に転落。
さて後半戦巻き返しなるか!


続きます。

RIVAL11本戦結果 part1
名古屋ウイングさんにて、RIVAL11本戦が開催されました。

今年は大阪、名古屋だけでなく、東京や九州、そしてネット麻雀サークルの代表も
参加して頂き、バラエティに富んだ大きな大会となりました。

【店内風景】
店内風景

今回はゲストも多彩(^^)
【灘プロ】
灘プロ
【和泉プロ】
和泉プロ
【望月プロ】
望月プロ
※望月プロはLOOKUPの選手として参加。

プシケからは店内予選を勝ち上がり、関西予選で2位に入ったコンビが
出場しました。

【山田さん】
山田
【早見さん】
早見

【1回戦】
東1局の親番でマンガン、ハネマンと景気良く和がり続けた
山田さんが5万点オーバーの大トップ。

しかし、早見くんは東場にサンショクイーペーコードラドラの
勝負手がリーチ者とぶつかってしまいマンガンの放銃。
いきなり苦境に立たされてしまいます。

しかし、そこから巻き返して気が付けばトップを争う位置にまで復帰!

トップと3400点差で迎えた南3局
非常に捌きが難しい手が入ってしまいました。
sou5.gifsou5red.gifsou7.gifpin3.gifpin5.gifpin5red.gifpin7.gifpin8.gifpin9.gifman2.gifman2.gifman4.gifman7.gifman8.gif ドラpin4.gif

どこかを対子かカンチャンに固定しなければいけないわけですが、
まだ巡目が早く場況に情報がありません。

早見くんの選択は・・・打man4.gif

しかしこれがいきなり裏目になり、man3.gifを引いてしまいます。
ここでフリテン受けを残すのも一手でしたが、熱くなってしまったのか
あっさりとツモ切り。
次巡にsou5.gifを引いて暗刻にして打sou7.gif、うーん惜しい・・・

ここにさらに悩ますツモpin1.gif・・・場にはpin1.gifが出切っており
pin2.gifは狙い目な感じにも見えるわけで、少考の末、打pin5.gifを選択。

ここで上手く打てていればツモ和がりだったman6.gifを引き、
pin1.gifで「リーチ!」

・・・うーん、これは疑問手(>_<)

山にpin2.gifが残っていることを考えてpin1.gifを残したのであれば
pin5red.gifでリーチすべき。
ここでpin4.gif待ちを選択するのは首尾一貫していません。

先に打pin1.gifとしてあって、最後にカンチャンかシャンポンの選択をした、
というのであればわかるんですが・・・

結局、ツモman2.gifでさらに裏目。
早い巡目にman3.gifを切ってあるだけでなく、場の状況を見ても
万子の下の方は山に残っている感じだっただけに
十分に選択出来るところでした。

そうこうしている内にトップ目に和がられて差は拡大。
オーラスに勝負が持ち込まれてしまいました。

この和がり損ないラッシュ(爆)で運気は大きくダウン。

あろうことか3着目の親のリーチに飛び込んでマンガン放銃(涙)
3着に転落という悲しい結末になってしまいました。

しかし、山田さんの大トップのおかげで1回戦を終えての暫定順位は5位!
まだまだ上を狙える位置です。

頑張れ!プシケ代表ペア!

続きます。

※追記:場にpin1.gifが出ているということは、手にpin4.gifがあると考えられます。
その意味でもpin4.gif待ちは厳しかったですね。
pin5.gifを使っているだけに、相手の面子構成上pin2.gifを使われている公算も高く、
やはり和がりは万子に求めるのが正解だったと思われます。





テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル