FC2ブログ
プロフィール

プシケ

Author:プシケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ふり~雀荘プシケ
東大阪の雀荘プシケのHP兼ブログです。
麻雀の世界に帰っておいで
以前プシケでも働いていたBくん(20代後半)に若い彼女が出来て
メロメロになっている模様。

休みとなれば麻雀にパチンコに、と遊んでいたBくんが
今は一切のギャンブルを封印
彼女と一緒にいたい、とまるで別人のようになってしまいました。

まぁ・・・本人がいいのなら別に構ったことじゃないわけですが、
どうやらよく話を聞いてみると、ギャンブルに関しては彼女に止められている
とのこと。

ギャンブルアレルギーの女の人って結構多いのかもしれませんね。

ただ、ギャンブルと言っても身を持ち崩すような高レート中毒ならともかく、
趣味の範囲で楽しんでいる遊びに関しても、口を出してくるのって
どうなんでしょうか。

ウィンドウショッピング好きな女性に向かって
無駄に見て周るのは止めてくれ
って言ってるみたいなものだと思ったりするわけですが、
相手のことを理解する、認めるという意味でも
こういう制限をしてくる女性との間にはいずれ溝が出来る気がします。

個人的には麻雀にしてもなんにしても勝負事を一緒に楽しめる
女性
の方が素敵だと思うんですけどね。

たとえばボーリングなんかに行ったとしても、ボールを重そうに持って
ヨタヨタ・・・コロン・・・みたいな弱弱しいフリをする女性よりも
ビシッと投げて「よっしゃー!」みたいにスコアを競ってくるような
人の方が面白いと思います。

その方がボーリングを一緒に楽しんでいる気がしますよね。
ナヨナヨとした行動をとる女性は結局ボーリングをしながらも
ボーリングなんかより女の子っぽい私を見て
とアピールしているような感じで、ボーリングをしに来ていること自体を
否定されている
気がしてしまいます。

まぁ・・・私はボーリングが苦手なのでスコアを競われても
恥ずかしいだけなんですけど(笑)

だいたい、なでしこジャパンを観ていてもわかるとおり、
女性でも男と同等、それ以上に活躍できるだけの肉体的素養はあるわけで
女性が「ぶりっこ」するのは・・・99%嘘だと思います。

ボーリングの球が「重くて持てな~い」なんて言ってたら
子供が出来ても抱っこも出来ないでしょう(爆)
まさしく嘘つけ!ですね(^^;

あとですぐバレるような「擬態」は勘弁してもらいたいものです(^^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おまけ







パワフルな女性ボーカルの曲を集めてみました。

トレイシーチャップマンやスザンヌヴェガ、カーディガンズみたいな
しっとりとした曲も好きですが、こういうテンションが上がる
曲もまた大好きです。

明るい歌よりは暗い歌、情念がドロドロと噴出しそうな
ボーカルに痺れます(^^)

Within Temptation」は最近、有線で聴いて知ったグループ。
シンフォニックゴッシクメタル・・・とかいうジャンルの
中心的存在らしいんですが、一体どんなジャンルなのかもわかりません(笑)
この「Faster」という曲は脳天からエネルギーが突き抜けていきそうでいいですね~

The Cranberries」にはかなりハマりました。
歌わずにはいられない、という感じのドロレスのボーカルぶりには
本当に痺れます。元々アイルランド系の音楽が私の好みにピッタリはまる、
というのも大きいのかも。

Annie Lennox」は元ユーリズミックスのボーカル。
私が中学生の当時から「この人、歌上手いなぁ・・・」と
ずっと思っているアーティストの一人です。
ポリスも大好きだったので、このスティングとのコラボは
もうたまりません(爆)いやー素敵だ・・・
スポンサーサイト



青雀旗 学生麻雀選手権予選始まる!
毎年恒例の「青雀旗 学生麻雀選手権」の予選が各地で行われています。

今年は大阪でも何か所かに分かれて、予選が行われており、
先週の日曜日(7/17)は上本町の「天山閣」でも第1回目の予選大会が
開催されました。

★大会風景
大会風景1 大会風景2

(優勝チーム)大阪大学 妹尾さん、木村さんペア
優勝チーム

(準優勝チーム)大阪大学 今田さん、前田さんペア
準優勝チーム

今回の優勝、準優勝はともに大阪大学。
この2チームは全国大会への切符を手にすることになりました。

(個人優勝)大阪大学 妹尾さん
優勝

4回戦全てをプラスで切り抜けた妹尾さんの安定感は抜群でした(^^)

今回の予選大会には「麻雀女子会」のメンバーの方もスタッフとして
応援に来てくれています。
※上記の写真の両脇のお二人

天山閣での予選大会は

・8/7(日)
・9/11(日)

とまだ2回行われますので、まだまだチャンスは十分!
皆様の挑戦をお待ちいたしております。

※詳しい日程などは→ココ

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

虫の季節にご用心
バイトのH見くんが血相を変えて職場に駆け込んできました。

一体何事かと訊いてみると

H見「ゴキブリが出たんですよ~。もう部屋に帰れないっす」(>_<)

私「はぁ?!

まぁ・・・人には苦手なものがあるのはわかるので文句は言いませんが
20歳も過ぎた男が部屋にゴキブリが出たからって逃げ出してくるのは
ちょっとどうかと・・・。

たしかにゴキブリはかなり気色悪いですけどね。
パッと見、楕円形っぽい体型ですが、実は隠れている顔の凶悪なことと言ったら!
目が合った?ことがありますがちょっとビビりました(爆)

ってなわけで、ちょっと「虫に関する思い出」を書いてみたいと思います。

エピソード1

小学生の頃、近所のガキ連中を集めて空き地で野球をしていました。
もちろん本格的なものではなく、ゴムのボールにプラスチックのバット。
真夏だったので私は袖なしのシャツに半ズボン、ゴム草履という
見事なまでの田舎の子供スタイルでした。
今でこそ真っ白ですが、当時は日焼けして真っ黒だったんですよね。

空き地というのも柵も何もない狭いところで、ちょっと大きな
当たりが出ると周りの家の庭に飛び込んでしまったりするわけで
このときも思いがけず飛び過ぎたボールが見知らぬ家の庭に入ってしまい、
無断で侵入して(今考えるとこういうのもヤバいですね:爆)
みんなでボール捜索をすることになってしまいました。

まったく手入れをされていない庭は木が生い茂り、
足元は草がボウボウ。小さな羽虫がぶんぶんと飛び回っており、
なかなかボールが見つかりません。

ウロウロと探している内に、突然私の右足がズボッと何かの穴に
入り込んでしまいました。

あら?落とし穴かなんかあったんかな?・・・とか思いましたが、
深さは20cm程度で別に危ないようなものではありません。

しかし、雨水でも溜まっているのか、何やら生温かく気色の悪い感触・・・

うわーなんだこれ、とヌポッと足を引き抜いてみると
何やら白っぽいものが点々と足や草履についていました。
・・・むむ、よく見るとウネウネと動いてる?!

「うぎゃ!」\(◎o◎)/!

なんと白く見えたのは蛆虫!(涙)
足を引き抜いたあとを改めて見てみれば、なんとすり鉢状の穴の中に
無数の蛆虫たちがウネウネとふちまで一杯にたまっているではないですか!

もう声にならない叫び声をあげた私の汗は一瞬にして凍りつき、
全身鳥肌状態!気持ち悪過ぎて手で払いのけることも出来ず、
あわっあわっと足を振りたくって大パニック・・・

ゴム草履だったことがさらに事態を悪化させ、足の指の間にまで
蛆虫が入り込んでウニョウニョ・・・足の裏にも貼り付いているので
足を下ろすことも出来ず、もう何をどうしたらいいのか・・・(>_<)

這う這うの体で家まで逃げ帰ったわけですが、どうやって戻ったかも
覚えていません。

今考えてもなぜ、蛆虫が穴に溜めてあったのかまったく不明です。
動物の死体か何かが放置されていたんでしょうか・・・。
買ったばかりだったゴム草履は当然そのままゴミ箱直行。
半分泣きながらゴシゴシと赤くなるまで足を洗ったことは覚えていますが
思い出すだけで今でも背筋が寒くなります・・・。

エピソード2

大学生の頃、夏休みで帰省していた私は幼馴染の同級生の家で
麻雀をするからと呼ばれ、夜の11時過ぎくらいでしょうか、
母の原付を借りて夜道を走っていました。

友人の家はひとつ山を越えたところにあって、私の家の近所よりも
さらにド田舎の農村地域。

私が走っていた道も街灯こそポツポツとありますが、
周りには民家も少なく、この時間帯になると人通りどころか
車も何も滅多に見かけない田舎道・・・見た目はかなり寂しい雰囲気です。

これからひと勝負!という高揚感もあって、少し飛ばし気味に
原付を走らせつつ、周りに誰もいないことでちょっと大声で
歌いながら
夜中のドライブ?を楽しんでいた私ですが・・・

突然、咽喉の奥の方にガボッと何かが当たり、激しくむせてしまいました。

「げほっ・・ごわ、うげ、げげげ・・・」

咽喉の奥に当たった謎の物体は、吐き出そうとした口の中に引っ掛かり、
何やらバタバタと暴れまわってなかなか出てきてくれません。

ごわっ・・・どうやらデッカイ蛾が口の中に飛び込んでしまった模様(涙)

あまりの気持ち悪さに焦って吐き出そうとしますが、
噛み潰してしまったらさらに大惨事になるわけで(爆)
あわあわと口を開けて涎を垂れ流しながらどうして良いのか
慌てるばかりで、どうしようもありません。

蛾の方もパニックになっていたんでしょうね(>_<)
羽をバタバタさせて暴れ回りますが、逆に咽喉の奥の方に
入り込もうとする始末・・・

仕方がないので指を口に突っ込んでなんとか掻き出そうとしましたが
指に怯えたようにさらに激しく暴れる蛾・・・
もう、お願いだから出てきてくれよ・・・(>_<)

次第に弱っていった蛾を取り出せたのは・・・かなり時間が経ってから
だったと思います。

そのあとも当然ながら唾を飲み込むことも出来ず、涎を垂れ流し、
涙を滲ませながら友人宅に辿り着きましたが、喋ることももちろん出来ません。
一体何事かと訝る友人を尻目に洗面所に駆け込み、
懸命にうがいを繰り返し・・・

麻雀どころではない気分だったのでその晩の戦績は覚えていません(笑)
夜道で歌うときは皆さんもお気をつけください(^^;

間抜けなだけだろ!ドス(=゚д゚)ニい)'д`)グハァ

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

落ち着いて場を見るのは大切
序盤に三元牌をひとつ鳴かれたからといって、大三元を警戒して
牌を絞り過ぎるのも自分の手を殺してしまうことになります。

ただ・・・中盤を過ぎて場に三元牌が一枚も出てこないようだと
話は変わってくるわけで、不穏な空気を感じとらないと
痛い目を見る羽目に陥ることもしばしば。

単に鳴いただけなのか、染めなのか、ドラが一杯あるのか
・・・それとも役満狙いなのか?
その辺りの見極めは非常に重要だと思われます。

先日は早い巡目にO川さんが發をポン。
そこから延々と誰も和がらず、鳴かず・・・淡々と進み、
ジリジリとした雰囲気の中、H見くんがション牌の白をツモ切り。

もう終盤間近だというのに、場には三元牌がまったく出ておらず、
さすがにここはギブアップ、というところでしたが
H見くんは自分の手に一生懸命・・・(爆)

その後、なんとか中単騎でリーチを打つところまでいきましたが
当然ながら手遅れ。

結局、O川さんが中をツモり上げて大三元
生まれて初めての大三元ということで、おめでとうございます♪
というところですが、H見くんからすれば責任を痛感する
失策になってしまいました。

次の半荘、東1局に今度はH見くんにお化けが入りました。

なんと5巡目にして
pin1.gifpin2.gifpin3.gifpei.gifpei.gifhatsu.gifhatsu.gifchun.gifchun.gifchun.gifhaku.gifhaku.gifhaku.gif

というテンパイ。
先ほどの大三元のお返しを!というところですが、
実はこれ、リーチをかけると
リーチ、メンホン、チャンタ、小三元、北で親の3倍満
東1局だけに、安めでもトップ終了が出来るわけで、
無理に高めにこだわる必要がなくなります。

しかし、H見くんは緊張のためかそーっと息を殺してヤミテン・・・。

どうやら高めしか目に入っていない様子です。

そして7巡目、下家のT島くんが打・・・H見くんは
なんとか我慢してスルー。

同巡、続いて上家のO川さんが打

ロン!あ・・・

手牌を倒すのはなんとかこらえましたが、残念ながら同巡では
和がれません

ここまでのチャンス手がただの意味なしノーテンに・・・(涙)

そのまま、あとはオリるだけになったわけですが、
このショックはなかなか抜けず、中盤過ぎに手はすでにバラバラで
安全牌も山ほどあるにも関わらず、スッと切ってしまったpin2.gif
 に
今度はT島くんが「ロン!

・・・バタバタと倒れてきた手牌は
pin3.gifpin4.gifpin4.gifpin4.gifpin4.gifpin5.gifpin5red.gifpin6.gifpin7.gifpin7.gifpin7.gifpin7.gifpin8.gif

なんとメンチン(爆)

しなくてもいい大失点を食らって撃沈です。
本来は一撃で飛ばしてトップをとって・・・というはずが
逆に16000点の支払いって・・・(>_<)

1局で出来る失敗をすべてしたようなH見くん、
今度はちゃんと状況をたしかめるようにしましょう・・・。

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル