FC2ブログ
プロフィール

プシケ

Author:プシケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ふり~雀荘プシケ
東大阪の雀荘プシケのHP兼ブログです。
手順は大事
麻雀を覚えてまだ数ヶ月でフリーデビューを果たしたH見くん。

度胸とやる気は凄いですね。
私は麻雀を覚えたのこそ、小学生のときだったので(笑)
比較出来ませんが、本格的に麻雀にハマった大学時代でも
最初の2年くらいは仲間内でのんびり打っているだけで、
フリーに行き始めたのはかなり遅かったと思います。

まぁ回数だけは死ぬほどこなしていましたが(爆)

発展途上ながら、ある程度フリーの流れについて行けている
H見くんですが、時々まだ経験値不足が見えてしまいます。
形に弱いところがたまに出てしまってしまい、致命傷を食らうこともしばしば・・・

例1)pin1.gifpin1.gifpin1.gifpin2.gifpin2.gifpin2.gifpin5.gifpin5red.gifpin6.gifpin7.gifpin7.gifsou4.gifsou6.gifsou8.gif ドラsou5.gif

かなり色が偏った手牌。
ドラが索子だけに、一気寄せもちょっと怖い感じもありますが、
この手からなら打sou8.gifで色寄せ、もしくは暗刻手を狙うのが順当なところ。
受け入れは8種25牌となかなか優秀です。

しかしH見くんは少考の末、打pin7.gif
 
うーん、全ての手役を放棄してしまっていますね。
索子に手をつけるのが怖かったのだと思われますが、
その部分で迷うことで逆に受け入れがガクッと減ってしまって本末転倒。
テンパイする牌は4種16枚と半分くらいになってしまっています。

結局pin8.gifを引いてテンパイが入り、カンチャンのドラ受けでそのままリーチ(爆)
なおかつそれが他家から出てしまったために和がれたのが逆に学習する
タイミングを失った感じかも。ちなみにpin9.gifを先に引いているので
私ならチンイツテンパイかな?

例2)sou4.gifsou4.gifsou4.gifpin3.gifpin4.gifpin4.gifpin5.gifpin5.gifpin6.gifpin7.gifsha.gifsha.gifsha.gif ツモpin3.gif

親からリーチ、上家は索子の染め、と取り囲まれた西家での手牌。
トップ争いをしていることもあって、役アリテンパイから
頭が離れなかったようです。

上記の形に をツモって絶好の3メンチャン・・・と思いきや、
なんとツモ切り(爆)

たしかにpin3.gifは親の現物で、裏筋のpin7.gifも打ちにくい感じがあったとは思いますが
ここはsha.gif切りでリーチ、もしくは、対子手への手変わりや
索子をツモったときの単騎受けを見据えて打pin7.gifが良さそうです。
H見くんはその後にsou5.gifをツモったところでsha.gifを切ってベタ降り開始。
うーん、せっかく単騎受け出来る手順を踏んだわけですから
索子の3メンチャンで押しても良かったかもしれませんね。

例3)sou1.gifsou2.gifsou3.gifsou3.gifsou4.gifsou5.gifsou8.gifsou9.gifsou9.gifpin3.gifpin5.gifpin6.gifpin6.gifpin8.gif

これは単純な形。
ここからH見くんが選んだ打pin3.gifsou8.gifが余剰牌になってしまっています。
一通が崩れたところで、打sou8.gifで良かったかもしれません。
まぁ索子を引いてからの変化を見据えて、という意味で打pin3.gif
悪くはありませんが、結果的に次巡のツモsou9.gifでのテンパイ逃しを
してしまっています。

対面のリーチを受けてsou6.gifをツモってカンsou7.gif待ちで追いかけリーチ。
・・・残念ながらこの時点で待ちは純カラになってしまっていました。

この局は非常に微妙なバランスとなっており、上家が
pin1.gifpin2.gifpin3.gifpin4.gifpin4.gifpin6.gifpin7.gifpin8.gifpin9.gifsou4.gifsou4.gifsou6.gifsou7.gifsou8.gif
 
という手から打pin4.gifで一通のテンパイ。
このテンパイ打をジャストポイントで打ち取れていたわけで、
ミスとは言えませんが和がり逃しが出てしまっていました。

ちなみにこのカンpin5.gifは対面が暗刻でカラテン。
なんとシャンポン受けしてリーチを打つとsou4.gifで和がれるという
オチがついています(笑)

全ては結果論ですが、少なくとも和がりがあったことを前提に
次局に入らないといけない分岐点になってしまいました。

手牌の変化、そして展開と行く末などを頭に置きながら
打つと同じような局面での引き出しが増えていくと思います。

今後の成長に期待しています(^^)
スポンサーサイト



テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル