FC2ブログ
プロフィール

プシケ

Author:プシケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ふり~雀荘プシケ
東大阪の雀荘プシケのHP兼ブログです。
漫画との符合
人気麻雀漫画「天牌」の56巻が発売になりました。

麻雀漫画史上おそらく最長となる天牌ですが、
まだまだテンションが落ちず、ストーリーも先行きがわからない状況。
いやー麻雀雑誌以外の連載(漫画ゴラク)でこれだけ続いているということの
価値は非常に高いですね(^^)

56巻をお店のカウンター内でツラツラと読んでいたわけですが
(以下多少ネタバレ)
新満がポッカリと浮かした白に白を重ねて四暗刻をツモるシーンのとき、
ちょうど目の前のK藤くんの手牌

(777)444588899白

こんな感じになっていました。

むむむ、もしかして・・・?

数巡後、漫画と同様、白を引いてテンパイ\(◎o◎)/!リーチ!

下家のKM原くんが

(23456)66777南南南

という147ピン待ちで追いかけリーチ!
続いて対面のN村さんも56ソウの並びバッタで追いかけリーチ!

あっという間に煮詰まった状況になりましたが・・・

「ツモ!」

漫画のワンシーンと同じくK藤くんが白をツモって四暗刻を和了

いやー妙な符合に驚いてしまいました(^^)

ところで天牌に登場している「ステップ」のマスター鳴海さんは
実際に存在している「ジャンプ」の渡邊さんがモデルになっています。

今回の巻では鳴海さんが
麻雀、強くなりたいなら、ツモを見続けろ

という非常に興味深いことを語っています。

渡邊さんが提唱している「ツモ牌層理論」は配牌やツモで
次に来る牌や相手の手牌状況を読み取るという究極の経験則
まさしく、ツモを見続けた結果であるわけで
漫画がこの部分に踏み込んできたのは興味深いところ。

果たしてこのあと、ツモ牌層理論の真相に迫っていくのかどうか・・・
続きが非常に楽しみになりました(^^)

私も状態が悪い時に、配牌で対子ゼロや1つからから七対子に
決め打っていくことがありますが、このときは
あえて頭の回転を止めて、感覚で重なる牌を探していったりしています。

もちろん、理屈で山残りを読んで七対子を仕上げることも重要ですが、
まだ序盤で情報が少ない時には「経験的に重なっていく牌」を
探し当てないといけません。

麻雀を始めてかれこれ30年(爆)
まじめに麻雀に取り組み始めてから・・・20年。
私の中にも少しは経験と記憶の積み重ねがあるみたいですね。
記憶力や集中力は年々衰えていきますが、積み重ねたものを
失ってしまわないよう日々精進したいものです。
スポンサーサイト



テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル