FC2ブログ
プロフィール

プシケ

Author:プシケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ふり~雀荘プシケ
東大阪の雀荘プシケのHP兼ブログです。
こういうときこそ落ち着いて
いやー今日はいつにも増して不調っぷりが満点でした(涙)

スタートは良かったんですよ・・・
やたらと手が軽いし、スムーズに和がりを連発
今日ははどんだけ勝ってしまうんだろう・・
なんて逆の意味で心配していたり・・・(^^;←馬鹿

異変が起こったのは半荘3回目の東3局。

ドラが⑥だというのに
②③④④⑦123667789

ここから何の気なしに打⑦としてしまった私・・・。

次のツモはお約束の(爆)
本来は平和のテンパイですが、役なしになってしまいました。
もちろんドラをツモ切る手もあったんですが、場に④が出ており
仮テンでもあっさりツモっちゃうかな~なんて甘い見通しもあったりして(爆)
打7でテンパイを選択。

次のツモは・・・ ゲロΣ(T□T)

うーん、和がってましたね・・・あっさり。
いっそリーチ?いやいや落ち着けって・・・
なんて逡巡している内に場は進み、下家から⑤が出て当たれず(涙)
リーチしてたら出てないだろうし・・
なんて心の中でつぶやきつつ・・・ツモったのは

実は最初の手牌になる前に①を切ってしまっており、
変則3門張に受けるとフリテンになってしまいます。

索子の変化材料も切ってしまっているし・・・ドラも今更・・・
で、少々ビビりながら④をツモ切ると案の定、上家から「ロン」の声(涙)

うーん、なんというか・・・最低です。

ここから雲行きが怪しくなって、次の半荘・・・

②②④⑤⑧⑧⑨⑨⑨56北北  

場には②が2枚切れ。ここにツモ6で何を切る?

順子手に行くなら②を落としていくのが手筋・・・
ただしリャンシャンテン戻しになってしまいます。

七対子なら一応イーシャンテン。真ん中の牌を抱えているだけに
非常に苦しいし、危なっかしいですが・・・6が重なった意味を考えると
うーん、悩ましいところです。

私の選択は打⑨、暗刻の牌を落としてとりあえず七対子に向かうことにしました。

これが地獄への入口だなんて、このときは思ってなかったんですが・・・(爆)

次巡のツモは(爆)ゲボ・・・ツモ切り。

恐る恐るツモった次の牌は(涙)お約束過ぎです。
場を少し見渡して「これは七対子やねん!
と半分ぶち切れて、あえて中抜きの打④!

そして・・・次のツモは・・・ ドッセーイ!(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵

本来はここで一発ツモでしたね。
なんというか分岐点をミスるとほんとにこういうとんでもない
失態を犯すことになってしまったりするわけで・・・・

呆然とツモ切ってしまった精神状態はわかって頂けるでしょうか・・・。

ロン!
ロン!

下家の親と上家から聞きたくもない声がハモって聞こえました。
このとき私の持ち点は29000点。

親の点数は・・・4000点の2本場ですか、はいはい6000点ね。
上家は・・・あれ?キレイに染まってますね~(涙)
メンチンリャンペーコードラドラ!ぐっ・・・24000点

ありゃ!?飛んじゃったじゃないですか (ノω・、) ウゥ・・・

そして、この振り込みを契機にまったく手が入らなくなり、
リーチをしてもことごとく追いかけられて放銃・・・
とうとう自己新記録の半荘17回ノートップという輝かしい?いや
・・・恥ずかしい記録を打ち立ててしまいました。

失敗してもちゃんと落ち着かなければいけません。
手遅れでしたけど・・・

あー弱いなぁ・・・
スポンサーサイト



テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

新年の挨拶(遅いですが^^;)
あけましておめでとうございます・・・って遅いですね(^^;

今年もどうぞプシケを宜しくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まだ大阪に来る前、静岡で高校生をやっていた頃の話。

たまたま読んだ小説(題名は忘れました^^;)のあるシーンに

はんぺんのような白い肌

という表現がありました。

「ん?ちょっと待てよ、はんぺんって白くねーぞ?」

・・・何を言っているかわからない方もいるかもしれませんが、

実は静岡(中部)では「はんぺん」って黒いんですよね(爆)

黒い・・というか灰色っぽくて表面がデコボコしていて
少なくともキレイな肌のたとえに使えるようなものではありません(^^;

黒はんぺん
k-hanpen.jpg

オデンにももちろん「黒はんぺん」・・・私は白いはんぺんを
見たこともなかった
し、そんなものが存在していることすらも
知らなかったのです。

思い込みってのは怖いですね(笑)


先日のボブ君の手牌。

⑤⑥⑦⑦⑧23477799

見ての通りの⑥⑨待ち。

④を下家がポンしていて筒子の染め気配。
今更筒子の形を変えて索子の待ちに切り替えるのも無理な話なので
このままリーチ!といっています。

別にそれほど悪い待ちでもないなぁと思って見ていたわけですが
なぜかボブくんの顔は妙に険しく、いかにも

『苦しい待ちで曲げてます』

という雰囲気・・・うーん、なんででしょう?

で、良く見るとリーチの一発目に対面のM井さんが⑨を切っていました(爆)
あらら、フリテンですか(^^;
そりゃ緊張もするわな・・・

でもなんでそんなの見逃しているんだ?

点数条件も別に普通で、ツモらないとどうしようもない局面ではないし・・・。

そうこうしている内に、ボブくんがをツモりました。
おー、太いなぁ・・・あれ?

なんでツモ切りやねん!(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵ドッセーイ!

おいおい、大丈夫か?

結局、下家が自分でポンしているポンカス待ちの④⑦待ちをツモりあげてこの局は終了。

終わったところで、「何で和がらなかったの?」と訊いてみると

え?あれ?あー!④⑦待ちと勘違いしてた(涙)」

アホですか~(+`・д・)≡○)゚д。)ノ←ボブくん

一旦、④⑦待ち、と思い込んでしまったあとに自分の手牌を
一度も見直さなかったボブくん、おっちょこちょいは危険です(爆)

ボーンヘッドは命取りになることもあるので今年はじっくり落ち着いて
打つことを心がけましょう!

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル