FC2ブログ
プロフィール

プシケ

Author:プシケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ふり~雀荘プシケ
東大阪の雀荘プシケのHP兼ブログです。
失敗に失敗を重ねて大失敗(笑)
さて、太い和がりをしながらなんとかしのぎ続けているI上3号くんの闘牌記録
第2弾は失敗例です(^^;

①③④⑤⑥⑧⑨⑨4478白  ドラ西

早い巡目にこんな形になりました。
かなり形は悪いものの、一通なんかがチラッと見える手牌。
一通にこだわらなくても索子で2面子も十分可能な形ですね。

まずは・・ツモ7、あんまり意味はないですが3人打ちの場合は
5が赤かったり黄色かったり(3麻ルール参照祝儀牌です^^g)
することがあるわけで、もし一通を作るにしても5をツモったときに
44の対子を捌いていけるように7はアタマ候補として
数巡は置いておいてもいいかもしれません。
完全余剰牌の白を切ってもよい局面かと思います。

が、3号くんは迷いなく7をツモ切り
まぁたしかに筋で抱え過ぎても怖いですし、それはそれでいいでしょう。

・・・ここでふと私の頭をよぎったのは
もしかして一通しか見てないんじゃないだろうな?
という考えでした(爆)
というのも、それまでの打ち方や発言を聞いていると、
どうやら3号くんはかなりの「一通好き(笑)」だというのが見え隠れ・・・
たとえば133455789 という形からもあっさり5を切って役なしで闇テン。
カン4受けはイーペーコーですが自分でも使っていますし
選択として5切りはなくもないとは思います。

ただし、その選択をするなら役なし闇テンは微妙です。
おそらく6ツモで一通への変化を頭に置いているのでしょうが
その間に3麻では特に処理されやすい2を切られ続けてしまったら
一通に変化しても意味がありません。
様子見で1巡、2巡は我慢してもいいですが、リーチを打っておくべき
局面
だと思われます。
ここで1を切っておけば役ありテンパイ、その上6ツモで
リャンメン形へと変化も見込めるわけでロスはありません。
まぁ彼は闇テンのままあっさり2をツモるわけですが(笑)

最初の手に戻ります。

次のツモは5 なんか期待通りのツモをしますね(^^;

①③④⑤⑥⑧⑨⑨44578白

一通を作るとしたら②と⑦の両方を必要とするわけで
ここでは索子で2面子、筒子で2面子&1雀頭を想定するのが基本。
そうすれば苦しい筒子の形はリャンカンの変化形になり
②か⑦かどちらかで済むことになります。
少なくとも白はまったくいらないわけですが・・・

3号くんは・・・5ツモ切り!(爆)

うわー案の定、一通に目が行き過ぎてますね(^^;
さてさてどうなるやら・・・

次のツモは6
これで本来は索子は3メンチャン、筒子はリャンカンという
かなり広いイーシャンテンになっているはずですが・・・
彼の場合は筒子のカンチャンとペンチャンが残った悪形になってしまっています。
(シャンポンを含んでいますが頭の中は一通なので:笑)

①③④⑤⑥⑧⑨⑨44678

(本来の形)
①③④⑤⑥⑧⑨⑨45678

どちらがテンパイしやすいかは一目瞭然ですよね(^^;
彼はここでようやく打白・・・

そして次のツモはお約束の9(笑)
見事にテンパイ逃しをしています。
まぁツモ切りかな、と思っているとここでなんと一通固定の打⑨
あの・・9を置いておく意味は? ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

この巡目に立て続けに②が場に出てしまい、残りは1枚となってしまいます。
うーん、一通はかなり無理がありそうです。

そこでツモったのは③

①③③④⑤⑥⑧⑨446789

一通にこだわるなら打9ですが、ここで方針転換・・・打①とあきらめました。

そしてツモ6、あまり意味のない牌ですので9と入れ替え・・と
思ったら彼の選択は打⑨

うーん、微妙~(^^;

③③④⑤⑥⑧4466789

なぜか索子を厚く持とうとしているわけですが・・・
捨て牌に5と7があるわけで(爆)どう変化してもフリテンです(^^)

ここでツモってきたのは7!
おーフリテンの牌が帰ってきました(笑)
まぁまだ苦しい形ですけどね(^^;

当然の打9・・・かと思ったら3号くんの選択は打⑧ ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

あの・・・索子を厚く持つのはいいですがフリテン含みなんだってば・・・
筒子を固定しちゃって一体どうしたいのよ?

で、次のツモはお約束の(爆笑)

またもやテンパイ逃しになってしまいました。
というか普通にテンパイを組んでいればこれがツモ和がりの牌です。
3号くんの顔が真っ赤になっています(笑)

③③④⑤⑥⑦44667789

まぁここからでも普通は打9
フリテンだらけで悲しいですが、引き戻しの可能性を考えれば当然ですよね。

しかし熱く沸騰した彼の頭にはそんな論理は通用しません(爆)

バシッ!⑦ツモ切り!

そして次のツモは・・・ プッ(≧∇≦)ブハハハ!

まぁ・・・どうやってもテンパイはしてましたね(^^;
というか普通は和がってます(笑)

異次元というよりも・・・
説教部屋行きですな(笑)  強制連行:ヽ(゜▽゜ )-C<(/;◇;)/ イヤァアアアアア!!
スポンサーサイト



テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

失敗に気付かないのは成功ではない
近大の入学式の日にネクタイにスーツ、そして妙なビン底眼鏡(失礼^^;)をした
色白のオニーチャンがプシケにやってきました。

どこのサラリーマンが来たのかと思っていると・・・

今、入学式行ってきました!

と妙に威勢のいい声で高らかに宣言(爆)
・・・あらら、新入生だったのね(^^;そりゃまた失礼しました(笑)

それがI上3号くんとの出会いでした。
あれからもう何年が経ったのでしょうか・・・彼もいまや立派な社会人です。

大阪に住んでいると言っても少し遠いこともあって
最近はかなり間隔の空いた来店ペース。まぁそれでも来てくれるのは嬉しいですね。

今回はそんな3号くんの闘牌記録・・・

以前からかなり異次元空間を彷徨っているという噂の彼の手順(爆)
まずは成功例からいってみましょう(^^)

23455①②③③⑥⑥⑦⑨  ドラ白

まぁピンフ系の手牌ですね。③の周りを引いたら⑨を払っていって・・・
という感じでしょうか索子の伸びも面白そうです。

ところが彼が引いてきたのは・・・
うーん、端っこが膨れてしまいました。

まぁひとまず予定通り打⑨
そして次のツモは・・・ \(◎o◎)/!わーお!
とりあえずテンパイが入りましたね~予定外ですが(笑)
これならカン⑧を残しておいた方が良かったかも?

ここで3号くんの選択は打① 
おっとテンパイ崩しです。・・・うーん、次の索子の変化を見るなら
①②③③③で持っておいた方が良さそうですが・・・

23455②③③③⑥⑥⑥⑦

かなり不安定な形。⑦の上を持ってきてもフリテンですし
②は場に2枚切れ。テンパイ崩しをした意味はあるんでしょうか?

西、東とツモ切って、次にツモって来たのは
おー!これで索子が変化できる形に復活!遠くに役満までチラッと見えたりするわけで
俄然面白くなってきた・・・と思ってみていると、なんと・・・

ツモきり(爆) ドッセーイ(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵

おいおい、一体何がしたいんだ?
②を残す意味は?

ここで下家から出た⑧を対面が「ポン」 そして打⑥

すかさず3号くんが動きました!「ポン!」 打② (やっとかい:笑)

23455③③③⑥⑦  ⑥ポン

カンツ目の⑥奇跡的に鳴けたことにより、想定外のテンパイが入りました。
ただし・・⑧はポンされています(笑)

次巡、オーバーアクション気味に3号くんが牌を叩きつけました。

ツモ!

なんと対面のカン材のを食い取ってのツモ和がり!
おーやるなぁ!・・・って褒めていいのか?(爆)

100歩譲ったとしてもやっぱり2は残して②を切っておくべきなんじゃないかな。

223455③③③⑥⑥⑥⑦

ここからでも同じポンテンが入るわけだし・・・。
これなら索子は色んな変化形が望めます。
まぁ・・・嬉しそうだからいいか(^^;

手順のおかしさを帳消しにするポンが出来た3号くん
次回は失敗例なんかをあげてみたいと思います(^^)g

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

異次元からのスナイパー
やってしまいました・・・。

先日、TR田くんBobくんと対戦したときのこと。

あまり感触の良くない気配はあったものの、それなりに
順調にきたある1局の手牌です。

①②③④④④⑤⑥⑥⑧⑧⑧九九

親番、まだ5巡目・・・場には九が1枚切れており、
④⑦九待ちでリーチをしてもまぁ問題ない感じ。
①を切ればカン⑤待ちのイーペイコウですが・・・
さすがにこれは消極的過ぎる気がします(^^;

ただここまで揃った手牌に蓋をするのはなぁ・・・とも思うわけで
とりあえず打九でメンチンに向かうことにしました。

2巡後に絶好の⑤を引き入れて「リーチ!

①②③④④④⑤⑤⑥⑥⑧⑧⑧

①④⑤⑥⑦待ちの5面チャン・・・正直、自信満々です(^^)g

それほど露骨な捨て牌にはなっていないので筒子に
染まっているかどうかも他家からはわからないくらい・・・

まぁ余裕シャクシャクで構えていると対面のTR田くんがいつものように
ニヤニヤしながら3を切って

追っかけ、リーチ!

・・・カワイソウな犠牲者ハケーン!(爆)
なんて思いながら2、3巡・・・なかなかツモらないし、TR田くんもつかまない・・・

そして、さすがにそろそろ・・・と力を込めてツモッた牌の感触は・・・

・・・なんだよ、この縦長野郎が!(爆)
いらねーよ!と河に置くとTR田くんが普段よりトーンの高い声で

ローン!

なんと2単騎の七対子! 
別に捨て牌になんの工夫もないし、2は場に1枚出てるし
まさにスナイパー単騎(爆)

ナンデヤネン(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵

まぁ・・・ここまでは別に問題なし。
悔しい結果ですが麻雀にはよくあることなわけで・・・


ところがここから突然状態がガタ落ちになり、まったく手にならなく
なってしまいました。
流れ論者の見地から言えば、この異次元からのスナイプにより
完全に殺されてしまった模様・・・。

なんと半荘16回トップなし(涙)
4万点を超えたのはたったの1回(13回目の半荘でした:爆)
その半荘も最後にチップを払ってマイナス収支。
そのうち14回は最終的に1万点を切っており、ほとんどがぶっ飛び
というまさに麻雀における地獄を味わう羽目に・・・

和がるのって、いやテンパイするのってこんなに難しかったっけ・・・(T_T)

自分が客だったらとっくの昔に帰ってますが・・店の人間はそうはいきません(涙)

結局過去最大級の負け額(諭吉が4人以上:笑)となってしまいました。
それまで負けていたTR田くんもBobくんもホクホク顔で終了。

このリベンジは・・・いやもうしばらく大人しくしておきます・・・。・゚・(ノД`;)・゚・


テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

漫画と言えども・・・
雑誌の内容はどんどん忘れられてしまうので取り上げるのは
微妙なんですが・・・(^^;

近代麻雀にて連載が始まった「白銀」by神田たけ志
過去に「ザ・ライブ」や「ショーイチ」といった名作?を
書いている麻雀劇画界の巨匠の新作です。

現在連載3話目(08年11/1号)でなにやら熱い闘牌が行われているわけですが
内容に見過ごせないようなポイントが多数(爆)。
ちょっと取り上げてみたいと思います(^^)

相手の闇テンを見破った主人公。

上の三色を匂わせているが・・・手役が分かれば待ちが絞れる

と、ほぼ思い込みとしか思えないような直感で下の三色と読み切ったまでは
まぁ良しとして(^^;

六六六七八23356發發中 ドラ中

こんな手牌に六をツモって・・・さて何を切る?

ちなみに主人公は相手の待ちを234の三色で当たり牌はと読み切っています(爆)
っていうか25待ちも十分にあるし、345の三色、123の三色も
あると思うんですけど・・(笑)

まぁそれをご愛嬌としても・・・主人公の打牌は! Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

・・・3が切れないなら素直にでいいんじゃね? ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

でもって最終形は

六六六六七八1233發發發  ツモ3

ナンデヤネン(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵

相手の奴も「む・・3を・・
なんて感心している場合じゃねーっての(爆)
おかしいでしょ!?へたくそでしょ?!

このあとも無茶苦茶な読みと手牌進行で相手を完封していって
極めつけが第1打から八を2枚切って

八八④④⑤⑤⑥⑥⑦⑦⑦45 ドラ④

おい!?明らかに手順がおかしいでしょ?
どういう順番でツモっていったらこんな手牌になるよ?

そのうえ相手が「三色ばかりじゃないぜ」なんて
わけのわからんことを言いながら(口には出してませんが:笑)

一二三四五六七九②③④44

ンナワケアルカ!(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵ドッセーイ

配牌の時点相手の待ちが八になると読み切ってる?!
いくら流れ論者でもそれは無理だと言わざるを得ません (。・ρ・)ノ ムリデスカラ

っていうかこの相手も無茶苦茶です。
上記の一通のテンパイになる前の手牌が

二三四五五六七九③④446 ツモ2

ここから打 !? ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ
気でも狂ったのかと問いたい、問い詰めたい、小一時間・・・

素直に切れよ・・・プシケでこんな打ち方をしているのを見たら
・・・説教部屋行きですよ(^^;

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

メイクミラクル
3麻オーラス。
トップ目はTくん、60000点を軽く超えて楽勝ムード
最後の親番はU田くん。一生懸命に粘って現在2本場まできています。
もうひとりはA野くん、こっちはもう点棒が・・・残り3000点で虫の息(涙)。
なんとかとばないように頑張りたいものですが
かといって軽くあがってもしょうがない・・かな。

この局のA野くんは真っ向から国士狙い。
中張牌をバラギリして露骨に役満コースです。
対して親番のU田くんはなんと

1123999①②③⑦⑧⑨

純チャンのテンパイ(笑)おいおい国士の横でなんでだ?
というか残ったTくんの手牌は真ん中ばかりなのか?(^^;

役無し当たれずを嫌ってU田くんはこのままリーチ。
残り4巡ほどを残してツモ9・・・おっと前に切りかけて
カン!
すると上家のA野くんから「ちょと待って!これって・・

えー残念ながらプシケでは国士の暗カンは当たれません(^^;
ツライところですが・・・

A野くんの目がウルウルしています(笑)
このまま安全牌をつもり続けていければ
流局してもテンパイ扱いされますが・・・
なんといっても残り3000点。
ノーテンにしてしまうと二人テンパイならとんでしまいます。
(ノーテン罰符は場に4000です)
U田くんがツモっても終わり。
で、もってきたのはあたり牌の・・・

これは当たりですよね・・・(涙)

すごい悲しそうな顔をしながら・・・意を決してテンパイ崩し。
流局一人テンパイを祈って決死のオリに出ました。
・・・なかなか覚悟がいる選択ですよね。立派!

結局ツモれず、狙い通りの一人テンパイでなんとか次局へ持ち越し。
残り1000点!さぁファイナルリーチ棒が残りましたよ(^^;

そして・・・数巡経過後とうとうA野くんが發をアンカンして「リーチ!
最後のリーチ棒を供託した時点で持ち点はゼロ。
これで本格的に決着がつきそうです。

親のU田くんは35000点持ち、すでにテンパイが入っています。
役牌をポンして③⑥待ち。こっちもA野くんをとばして
40000点を超えれば上出来な感じ。
真っ向勝負でしょう。

2巡後U田くんが切ったにA野くんが「ロン

③③③⑦⑦33344 發アンカン 髭髭(抜きドラ)

ドラは③と4
おー!ツモったら四暗刻ですね!連続ですごい手が入るなぁ!

さて役はリーチトイトイ三暗刻發ドラ7・・・・ん?
なんと出上がりでも数え役満
32000点の3本場・・・わーお、逆にU田くんがぶっ飛んでしまいました
いやーほんと何が起こるかわかりませんね。
やっぱり飛ばせるときはトドメを刺しておかないと恐い
つくづくそう思わされる半荘でした。

ところでこの手、Tくんから直撃だと全員35000点になって
しまうんですよね(^^;
まぁそれでも起家のTくんがルール上トップになるわけですが(笑)

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

シリーズ「H本くん説教部屋」part6
突っ込みどころ満載のH本君の闘牌(^^;
そろそろ飽きてきたかもしれませんが、次回が最終回となりますので
どうぞお付き合いを・・・m(__)m

四四六七456677789 ドラ4 2巡目

第一ツモで8をツモってあっという間のイーシャンテン、
恵まれた手牌です。
そして5巡目に9をツモって小考・・・(何を考える必要がある?
選んだ打牌はなんと
おいおい染めるつもりか?さすがに無謀ちゃうか・・  ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ
で、ツモ四、打六・・・アンコが出来て中ぶくれシャボの
役ナシテンパイ。

四四四4566777899

七のところで普通に9を切っていれば
四四四六七45667778 
のタンヤオのリャンメンテンパイ。
本来絶好のツモで手が入るところで何をしてるのかと
問いたい、問い詰めたい、小一時間・・・

ところがH本君の太いツモチカラはこれだけでは済まさないようです。
なんとツモ6!

四四四45666777899

打8でとりあえずの三暗刻テンパイ、打4でイーペーコーのテンパイ。
どちらも一手変わりでトイトイ(ツモリ四暗刻)になる魅力的な牌姿になってきました。

おー結果オーライか・・・と見ていたら
H本くんは打8

 「リーチ!

コラコラコラコラコラコラコラコラコラコラ!(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵ドッセーイ

なんのための三暗刻の手代わりだよ!
焦ってリーチって!
9が出たらリーチドラ1だってーの!

下家から切っての追っかけリーチ(普通ならこれであがり)
待ちはなんとカン4・・・これつかんで放銃したら
切腹ものです。(ドラだしトイトイに変化してるし・・)
結果的にH本君は八を2回ツモって流局・・・
マンガンをあがってるところを手順で逃していることに
気が付いているのか?

次手の変化を頭に入れて!とにかく焦らず!


テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

方言無駄話
関西に来てトータルで16年が経過(途中中断あり^^;)。

使う言葉はかなり関西弁に近くなってきた気がします。
と言うか、出身地の静岡弁をかなり忘れてしまった感じ。

地元に戻ればそれなりに使えるんでしょうけど、
大阪で静岡弁で話そうとするとかなり違和感があります(^^;

静岡といっても東西にも長いですし、ダムがあるような地域も含めて
縦にも広く、各地域によって話す言葉が違う感じ。
自分の経験だと大井川(日本史に少しだけ登場したかも?)を境に
西と東で使う言葉が違うのに驚いたことがあります。

私の地元では使う代表的な方言というと
「~じゃんかー」
「~だら」
「~だに」


こんな感じの語尾じゃないかと思います。
「じゃんかー」は関西で言うと「やんかー」と同じ。
「だら」は「やろ」・・・標準語だと「だろ」に近いですかね。
「だに」は・・・「だよ」かな?ちょっとニュアンスが違う気がしますが
「~だよ、決まってるだろ」的な意味合いになります。

地元にいると当たり前のようにこういう方言を使っているわけですが
静岡を舞台にした漫画やドラマでこれを本来の使い方と違うように
使われると・・・違和感まみれ(>_<)

昔の漫画で「Go☆シュート」byみやたけし
っていう静岡を舞台にしたサッカー漫画があったんですが・・・これは無茶苦茶でしたね。
やたらと「だら」「だら」を連呼するんですが、使い方が全然違うだけに
読んでいて腹が立ってきました(爆)

そう言えば大阪に来て3年ほど経過した頃、ちょっと自分の言葉が
関西弁チックになってきたなぁ・・なんて思っていたんですが
地元大阪の河内弁バリバリの女の子に

イントネーションが違うねん!中途半端な関西弁使われると腹が立つ!

とキレられたことがあります(笑)
そんなん言われても知らんて・・・と思いましたが
まぁ地元の人からしたら凄い違和感だったんでしょうね(^^;

ちなみに静岡の人は自分の言葉が「標準語」だと思っているようです。
ウチの親も自分たちが方言を使っているという自覚はまったくなし(爆)

以前、父に「静岡にも方言って多いんだよ」と教えたら

俺はなまってないら?

という返事(笑)
すでにバリバリになまってますけど(^^;

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

シリーズ「H本くん説教部屋」part5
101のイン大阪に参加したりしてスキルアップを狙うH本くん。
何かつかんだものはあったのでしょうか・・。

さてH本くんの実戦譜
①③三四五五六七44789 ドラ八

4巡目くらいだったかな、早いテンパイが入りました。
下家が索子の染め手だったんですが、
そんなに露骨な捨て牌になっていないので多分ノーマーク。

通常こういう役ナシテンパイでもカン②などは
リーチ!とするのが現代風(表現が古臭いけど:笑)。
いつものH本くんなら迷うことなくリーチ!
のはず・・・しかし今日はダマにしています。
実際はこんな手ならリーチでもいいような気もしますけどね。

8巡目、ツモ5で打①
おー!H本くんのテンパイくずしを初めて見た!
でツモ二で打③

二三四五五六七445789

なかなかいい感じのイーシャンテンにこぎつけました。
三や六でもいいですができれば3、6をツモって
ドラ筋の3メンチャンになんかなって欲しいところです。

そしてツモってきたのは7・・・・
おいおいなんか長考してるぞ?・・・まさか・・・  ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

打二(テンパイ取り) ナンデヤネン!(*`Д´)ノ ~┻━┻・..。;・'

ブーイングが起こりそうな感じですね(^^;
テンパイ崩ししてより愚形のテンパイにしてどうするよ?

もうツモがない、というのならわかるけど・・まだ他家に
テンパイ気配すらないのにもったいないべ!

二巡後ツモ6「300.500」

うーん、イマイチ!
ま、よりよい形を目指して手を作り直そうとした点は
評価に値しますね。よー頑張った!あともうちょっとだ!(^^)g

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル