FC2ブログ
プロフィール

プシケ

Author:プシケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ふり~雀荘プシケ
東大阪の雀荘プシケのHP兼ブログです。
惜しくも?1回戦で散ってしまった第7回鳳凰杯の動画です。

見逃した方も、改めて見直したい方も是非ご覧ください♪




スポンサーサイト



6/25(火)に鳳凰杯1回戦に出場してきました。

残念ながら授業の関係で予選1位で権利を勝ち取った月山さんが辞退。
繰り上がりで藤谷さんが代走となり、サークル大会優勝の大平さんと
2人で挑むことになりました。

前半(1~3回戦)は藤谷さんが出場。
IMG_0194.jpg

開幕から仕掛けまくって積極的な麻雀に徹し、2戦目にトップを奪取。
3戦目もトップ目で南1局の親番を迎えましたが・・・ここで事件発生。

2巡目テンパイのこの形で役なしのヤミテン。

sou1.gifsou3.gifsou5red.gifsou6.gifsou7.gifton.gifton.gifpin1.gifpin2.gifpin3.gifpin5red.gifpin6.gifpin7.gif


変化があるので少し待ってみるのはアリだと思いますが、
役がないだけに、他家に処理されてしまうと急激に早いテンパイの
価値が薄れてしまいます。
どうやらシャンポン待ちに変えたかったようですが、
変化してさらに高めが出て・・・という条件を考えると
そこまで都合よい展開を求めなくても、現在の待ち自体が
悪くなく、リーチで裏ドラ狙いの方が理に適っています。

下家にsou2.gifを処理されて慌てたのか、ton.gifをポン、でsou1.gif単騎へ。
これが結果的にとんでもない悪手となりました。

下家がドラを重ねて七対子をテンパイし「リーチ」
結局グルグル回される羽目になり、最後にman9.gifで倍満を放銃。
無理やり失点したような展開になってしまい、
そこからズルズルと脱落してしまいました。

愚形テンパイから役牌の頭を鳴いて形を変える、というのは
戦法としてはありすが、鳴いた後の形が重要になります。

【鳴いて待ちが良化する例】

sou3.gifsou4.gifsou5.gifsou6.gifsou7.gifsou8.gifsou8.gifsou9.gifton.gifton.gif


sou2.gifsou3.gifsou4.gifsou5.gifsou6.gifsou7.gifsou7.gifsou9.gifton.gifton.gif



sou2.gifsou2.gifsou3.gifsou4.gifsou4.gifsou5.gifsou6.gifsou7.gifton.gifton.gif



リャンメン変化の形もありますが、sou3.gifsou4.gifsou5.gifsou5.gifsou7.gifといった形は
鳴かなくても十分に好形への変化があるので
チップがあるルールだと特に鳴くのは愚策になりやすいですね。

とりあえず、トータルではそこまで差のない2位で後半へ。

後半(4~6回戦)大平さんが出場。
IMG_0197.jpg

藤谷さんと違い、じっくりと手をまとめて押すタイプの大平さんですが
なかなか手がまとまり切らず、4回戦では展開にのれずに
トップ目から脱落。

5戦目にそれまでトップがなかったスパロウさんが超絶大トップをとり、
一気に平たくなって最終6回戦へ。

ここまでのポイントは
・タオパイパイ +33
・スパロウ   +32
・プシケ    -65

点差はないに等しく、わかりやすくトップ条件となりました。

南場に入り、とりあえずラス目になっていましたが
まだ次に親番が残っており、チャンスは十分・・・というところで
まずはダブ南をポン!

pin1.gifpin1.gifpin3.gifpin3.gifpin4.gifpin5red.gifpin9.gifpin9.gifsou2.gifsou3.gif      ポンnan.gifnan.gifnan.gif



ドラがpin9.gifなのでマンガン以上が望める好形のシャンテン。
ここであがれば次にチャンスが繋がります。

で・・・ここで出たpin1.gifをポン!・・・せず Σ(・ω・ノ)ノ!

さらにツモってきたpin6.gifをツモ切り、次巡pin3.gifをツモって
真っ赤になりながらさらにツモ切り。
ホンイツ(跳満)にもなっていましたね・・・。

タオパイパイのリーチを食らってバタバタと手を崩し、
よりにもよって現物のpin1.gifを抜き打って、スパロウさんに
倍満を放銃してぶっ飛んでしまいました(涙)


最後の最後までチャンスが残っていただけに、本当に残念な敗退と
なってしまいました。
また来年!是非リベンジして貰いたいものです。

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

6/16(日)に鳳凰杯プシケ予選を行いました。

当日キャンセルが一件入ってしまったので17名と中途半端な開催に
なってしまったのは残念でしたが、初めて大会に参加する方も多く
かなりフレッシュなメンバー構成での大会実施となりました(^^)g

【大会風景1】
IMG_0186.jpg

【大会風景2】
IMG_0187.jpg

【流し役満を決めた北村さん】
IMG_0188.jpg

【四暗刻をあがった川上さん】
IMG_0189.jpg

【準優勝:藤谷さん】
IMG_0191.jpg

【優勝:月山さん】
IMG_0193.jpg


最終5、6回戦で中野さん、堂園さんが連勝を決めるか、
大平さんがトップ1回と浮きをキープすれば逆転のチャンスが
あったわけでかなりの混戦となりましたが、
月山さん、藤谷さんはどちらも100pオーバーの大トップをとっており、
後続の追撃を封じてのワンツーフィニッシュとなりました。

先日のサークルの大会で優勝を決めた大平さんと一緒に是非
本番でも頑張って貰いたいものです。

※月山さんがいけない場合は藤谷さんが繰り上がり出場となります。
5/25(土)は近大麻雀サークル、ジェノサイドユニバの麻雀大会。

本来は新入生歓迎の大会の予定でしたが、今年の新人は土曜にバイトだの
なんだのを入れている子が多いようで・・・上級生中心の通常大会となった感じです。

大会の告知もラインで行ったところ、記事が更新で古くなってしまい、
当日直前まで忘れられてしまったような・・・(爆)

【大会風景】
IMG_0155.jpg


6回戦目に大きなトップをとって今村さんが突き抜けた、というところで
別卓で「ツモ!四暗刻!」という大平さんの叫び声!(笑)
まさかの大逆転で大平&西田ペアがトップで決勝に進出しました。

決勝卓でも1回戦で西田さんが藤谷さんをぶっ飛ばして優勝に王手!

最終戦は・・・
2位の今村さんは引き継いだ大平さんをぶっ飛ばし、藤谷さんを沈めて大トップ、
という厳しい条件。
3位の藤谷さんは今村さんをトビ寸前に追い込んだ上に
大平さんを役満級のあがりで遥か彼方にぶっ飛ばす、という超絶激難条件。

最後の最後で1ソウ待ちの国士をテンパイした藤谷さんでしたが
オナテンを今村さんにツモられてジ・エンド。

【優勝:大平&西田ペア】
IMG_0156.jpg

優勝した大平さんは6月末に行われる鳳凰杯にプシケ代表として
出場して貰います。
前回の配信対局では消化不良だった鬱憤を是非晴らして貰いたいものですね(^^)g


4/28(日)に第5回ヴェストワンカップ、プシケ予選が行われました。

毎年、プシケが各地域で行われる予選大会の最終予選になっている
こともあり、早くから予選への申し込みが殺到。
3月中旬にはほぼ満席状態となり、末にはキャンセル待ち・・・という
人気大会となりました。

大会当日にも当日キャンセルがあった場合の滑り込みを狙って
2名様がご来店・・・残念ながら?全員出席となったので
「繰り上がりポールポジション」とはなりませんでしたが(^^;
競技麻雀ファンの熱意は年々盛り上がっている印象です。

【大会風景:予選】
IMG_0139.jpg

IMG_0140.jpg

IMG_0142.jpg

1回戦では植田さんが親番の最後のツモで
sou1.gifsou1.gifsou3.gifsou3.gifsou4.gifsou4.gifsou5.gifsou5.gifsou5.gifsou6.gifsou6.gifsou7.gifsou7.gif

ツモ!sou5.gif

4枚目の超ド高目を引き当ててて3倍満!
そのまま押し切ってほぼトップ2回分の得点をゲットしました(^^)g
しかし、そこをまくり切って元中国地方最強位の西田さんが予選3回戦の
総合トップと地力の高さを見せ、一筋縄ではいかない競技麻雀の難しさを
感じさせる内容となりました。

上位8名が決勝卓(1回戦)に進出。
3名が本戦出場権を手にするわけですが、上から下まで大きな差はなく
最終戦の結果次第で波乱も・・・

近大麻雀サークル「ジェノサイドユニバ」からは城塚さんが決勝卓に進出!

【決勝卓1】
ヴェスト決勝

【決勝卓2】
IMG_0144.jpg

予選3回戦の上位に入っていた2名がラス、3着と失速。
最後の最後で大波乱となる結果となりました。

【優勝:藤田さん】
ヴェスト優勝
最後は堅実に2着とまとめ、予選2位のポイントを守り切った藤田さんが優勝。
2、3回戦と連勝、特に3回戦の大トップが大きかったですね♪

【準優勝:村上さん】
IMG_0147.jpg
予選ではトップ1回ながらあとは2着2回と沈みなし。
決勝卓では大本命の西田さんを沈めて最後の親番で大連荘し、
見事に本戦出場権を手にしました。
後ろで見ていても集中力が物凄かったですね~。

【3位:山下さん】
IMG_0148.jpg
決勝卓で村上さんとオーラスまで大接戦。
連荘を続ける村上さんに巻き込まれずにきっちりと
得点をキープし続けたのが最後の結果につながった印象です。


次点の4位には昨年に引き続き、サークルの城塚さんが入賞。
3位との差は4200点・・・あと一回何かあがっていれば・・・?
※上位にキャンセルが発生した場合には繰り上がりで本戦出場となります。