プロフィール

プシケ

Author:プシケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ふり~雀荘プシケ
東大阪の雀荘プシケのHP兼ブログです。
プシケへようこそ!
ふり~雀荘プシケのHP兼ブログにようこそ!

東大阪の長瀬駅近くにオープンして早20年以上。
学生時代、毎日狂ったように麻雀を打ち続けた麻雀馬鹿が作ったお店、
それが「プシケ」です。
スタッフは男ばっかり・・・散らかった店内、汚い壁、
見事なばかりの野郎雀荘ですが、居心地の良さは満点です(^^)

店内風景
店内風景

地図】近鉄長瀬駅から徒歩10秒!
地図

当店メニュー
・3人打ち  ※ルールは→ココ
・貸し卓  学生600円/1時間・一般600円/1時間

少しでも長く麻雀を楽しんでもらいたいと大阪一の低料金(多分?)で
営業させて頂いております。

営業時間
・PM14:00 オープン  年中無休
 
  時間外に貸卓ご利用の方は遠慮なくお申し付けくださいm(__)m

連絡先
・06-6721-6540





貸し卓料金変更のお知らせ

これまで1000円/1時間だった一般の方の貸し卓料金が14年1月より

600円/1時間に値下げ。

学生の方と同じ料金でお楽しみいただけるようになりました(^^)/
是非ご利用ください。


さらにガラポンサービス開始!

ガラポン

貸し卓ご利用の方に新たなサービス!
お帰りの際にガラポンを回して頂き、番号によって次回使える
サービスチケットを進呈させて頂きます。

大当たりはなんと・・・料金無料券!

何時間打って頂いても無料となる激熱スペシャルチケット
是非奮ってガラガラチャ~ンス♪
※3時間以上ご利用のお客様に限りますm(__)m

スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

昨日は2週間ぶりのお休みでしたが、18,9年ぶりに
昔の常連さんがいらしたということで昼から土砂降りの中
いそいそと店へ。

当時30代中盤だった方が今や55歳。
髪の毛は総白髪になっていらして、むちゃくちゃ痩せて
街ですれ違っても絶対にわからないくらい・・・
ただ、相変わらずの酒豪ぶりとショートホープが懐かしかったです。

晩に帰宅してちょっと一休みしていたら今度は
朝の4時に出勤要請。

卓入りしてすぐにポンポンと放銃して「あらら」と
思っているうちに状態は近来まれにみる絶不調へ。

壁の裏側!ロン!筋!ロン!字牌の2枚落とし!ロン!
もう勝負や!まっすぐ!ロン!

競り合いに持ち込むこともできず、こっちが何シャンテンか
わからないくらいバラバラのうちにリーチ!リーチと
いじめられ続けて迎えた何回目かの半荘。

東発の親が2本積んだところで3巡目に

pin1.gifpin1.gifpin2.gifpin2.gifpin4.gifpin4.gifpin5.gifpin5red.gifpin7.gifpin7.gifpin8.gifpin9.gifnan.gif


と筒子が押し寄せた手牌になり、5巡目にpin9.gifをツモって
メンチン七対子のテンパイ。

nan.gif単騎ならあっさりあがっていましたが、さすがに
ホンイツに落とすような手じゃないので問題なし。

場にはpin7.gifが1枚出ており、pin8.gifはポロっと
こぼれてもおかしくなさそう、とわくわくして見ていると

pin3.gifセーフ!pin9.gif惜しい!pin7.gif通し!

ギリギリのところを切られ続けた上に対面の親がリーチ。

pin7.gifが全部見えたのにpin8.gifが姿を見せないのは
気持ち悪いですが、オールオアナッシング!と思い切って
ツモってきたsou1.gifを切って追いかけリーチ!

数巡後、親のカロトくんが「ツモ」

加「ちょっと高いよ」

sou2.gifsou2.gifsou2.gifsou3.gifsou3.gifsou3.gifsou4.gifsou4.gifsou6.gifsou6.gifhatsu.gifhatsu.gifhatsu.gif ツモsou4.gif

なんと緑一色!ん?四暗刻もついてるやん!

加「sou1.gifも当たりだったんだけどね」

ぐぐぐ、見逃されたうえにダブル役満を食らう屈辱。
こっちもメンチンの勝負手だったというのに・・・

ちなみにpin8.gifは上家が暗刻でした(涙)

ダブル役満の祝儀に加えて2人同時にぶっ飛び。
プシケでは2人飛ばしは余分に祝儀がつくルールなので
半荘1回で2回ぶっ飛んだくらいの大マイナスとなってしまいました。

このあともやることなすこと全て裏目。
なんと4時間ノートップという鼻血ものの大敗を喫して撃沈。
何しに朝からのこのこ出てきたのかと・・・(>_<)
haku.gifを鳴いてあっさりとマンガンのテンパイを入れたゴールド本さん。

pin4.gifpin4.gifpin5red.gifpin6.gifpin7.gifpin8.gifpin9.gifhatsu.gifhatsu.gifhatsu.gif    ポンhaku.gifhaku.gifhaku.gif

なぜか捨て牌にpin6.gifが切ってあるのは微妙ですが(爆)
上家のK藤くんがpin5.gifを暗刻にしており、見た目以上に
面白い待ちになっています。

ここに対面のM岡さんからリーチを食らい、ツモpin3.gif

pin6.gifを残していればすでにここでツモあがりでしたが
まぁhatsu.gifを切ればスムーズに回れる形。
実質的には薄い待ちになってしまいますが、pin2.gifは場に
出ていないのでチャンスはありそう・・・と思ってみていると
G本さんはおもむろに

打 pin9.gif  (゚Д゚;) ナンデスト?

え?いや・・・たしかにリーチ者の現物ですが、中ぶくれに
受けなきゃいけない家訓でもあるんでしょうか(爆)

思わず勝負の行く末を身を乗り出して見守ってしまいましたが、
2巡後、あっさり

ツモ pin4.gif  マジか!(+_+)

pin3.gifpin4.gifpin4.gifpin5red.gifpin6.gifpin7.gifpin8.gifhatsu.gifhatsu.gifhatsu.gif   ポンhaku.gifhaku.gifhaku.gif   ツモpin4.gif


これにはリーチ者のM岡さんも苦笑い・・・

「なんでhatsu.gif切らんの・・・」

と小声でつぶやくと、G本さんは

pin3.gifが切りたくなくて・・・」

と斜め上からの返答。会話が成立していませんが
まぁ見ている私にも説明が出来ません(爆)


数半荘後、そんなこんなで絶好調になったG本さんの手は
こんな感じになっていました↓

sou2.gifsou3.gifsou5.gifsou6.gifsou7.gifpei.gifpei.gifman9.gifman9.gifpin1.gifpin2.gifpin3.gifpin4.gif   ツモ pin4.gif

イーシャンテン変わらずで、役牌のpei.gifの相方をman9.gifにするかpin4.gifにするかの選択。

man9.gifは場に一枚出ており、待ち頃ですが先に切られてしまうと
厳しくなってしまいます。
pin4.gifは狙える牌ではありませんが、pei.gifがションパイだけに
リャンメンへの変化も見据えられるというメリットがあります。

で、G本さんの選択は・・・打sou3.gif  (゚Д゚;)ハイ?

別に索子の下が場に出ているわけでもなく・・・七対子への変化を
考えるような手格好ではない感じ。
唯一のリャンメンに手をかけて・・・一体どうなるのか?!

というところにまたもやM岡さんからリーチ。
先ほど切ったsou3.gifは現物ですが、残してしまったsou2.gifは通っていません。

ツモpin5.gifで打pin1.gif(現物)、想定どおり?リャンメンに変化。

ここにsou3.gifを引き戻してようやくman9.gifの対子落としへ。
なんかナチュラルに上手くいってますね(笑)

pin3.gifをツモってman9.gifを切ってテンパイ。

sou2.gifsou3.gifsou5.gifsou6.gifsou7.gifpei.gifpei.gifpin2.gifpin3.gifpin3.gifpin4.gifpin4.gifpin5.gif


役がないのでリーチを打たないと出あがりが利きませんが
・・・・なぜか闇テン。

???と思ってみていると、リーチ者のM岡さんがもってきた
pei.gifを「ポン」 ファッツ?!(゚Д゚;)

いや、あの・・・せっかくメンゼンでリャンメン形でテンパイしているのに、
引き戻したsou3.gifを切ってsou2.gif単騎に受ける意味は?

100歩譲ってsou2.gifが安パイならば、危険牌をもってきても
打ちまわせる、というメリットがありますが、
ワンチャンスとはいえ、まだsou2.gif自体が危険牌だけに
単騎の切り替えもへったくれもありません。

この動きがどんな結果を生むのか?と注目していると
ツモ巡がズレて上家に食い流れたのはpin6.gif、次巡もさらにpin6.gif

ハイテイ前でpei.gifを加カンして流局しましたが、
リーチ者の待ちは・・・pin3.gifpin6.gif  \(◎o◎)/!ワオ!マジカ!

sou1.gifsou4.gif待ちでリーチを打っていれば放銃となっていました。

まぁ鳴かなくてもpin6.gifツモでpei.gifを切って回ればpin6.gifが重なって
テンパイは出来ていましたが、一体何を閃いて役なし闇テンに
構えたのか・・・うーん、詳しく教えて貰いたいものです。小一時間・・・
依存症はおよそおおまかに3種類に分けられるそうです。

1)物質依存
2)プロセス依存
3)関係依存

アルコール依存とかニコチン中毒、カフェイン中毒、潔癖症や摂食障害なんかは
1の物質依存に含まれます。あとは薬物依存ですね。

近頃話題のギャンブル依存症、パチンコ依存症は2のプロセス依存。
他には買い物依存、ネット中毒、ゲーム依存、活字中毒、仕事中毒、
強迫的ホーディング(蒐集癖?)なんかが同様の依存症になります。

関係依存にあたるのは宗教(カルト)依存やセックス依存症、
ドメスティックバイオレンスや完璧主義といったもの。


基本的に依存症は個人の症状なので、個別に対処するのが通常。
アルコール依存の対策に禁酒法とか、買い物依存症に対して
買い物額の制限なんて話にはなりません。
私は活字中毒気味ですが、そんな私のために出版を規制する、
なんてことをしてくれる(してほしくないですが)わけもないですよね。
仕事制限、ネット禁止なんてなったら世界が破綻してしまいます(笑)

で、この多様な依存症の中で薬物依存とギャンブル依存だけが
個人への対処ではなく、原因となる環境に制限を加えるという
方向に進んでいます。

薬物依存はわかるんですよ・・・そもそも覚醒剤や麻薬は
法律で禁止されているわけですし、禁止されている理由の一つに
強制的な依存を引き起こす、ということが含まれているので
元から断たないとダメ、なのは自明の理。

で、ギャンブルなんですが・・・グレーな部分もあるにしろ
法律的に許可されているパチンコを含めて公営ギャンブルもある中で
薬物依存と同じ扱いっておかしくないですかね?
最近よくニュースになっているパチンコの出玉制限などをみても
健全に遊んでいる遊技者のことをまるで無視して
一部の依存症の人のためにギャンブル自体を悪とみなして
規制を加えるのって・・・どう考えてみても異常だと思います。

ギャンブルが悪いんでしょうか?
それとも依存症になってしまう個人の問題なんでしょうか?

なんか偏見が混じってないですか?

「・・・は悪いことなんだから・・・」

みたいな思考停止をせず、ちゃんと物事を見直して
整理した上で(対策などを)議論していって貰いたいものです。

お盆進行のため、ちょっと早めに発売された近代麻雀誌の
今回の付録は「統計学のマージャン戦術」byみーにん
でした。

以前にも書いたことがあるのですが、麻雀における「統計学」
というのは数字を扱っているだけになんとなく説得力があるように
見えますが・・・正直、こんな馬鹿馬鹿しいものはない、と
個人的には考えています。

みーにんさんのデータは「天鳳」(ネット麻雀)の牌譜から
とっているものですが、そもそも

・カンチャンリーチのアガリ率は・・・43%

なんていう統計処理は要はあらゆるカンチャンリーチを
同格に扱って(局面も相手関係も河の状況もまったく無視)
いるわけで、結果的に43%あがっています、と言われても
今、目の前にあるカンチャンリーチの成功率とは
なんの関係もありません。

こんな数字をありがたがって自分の手牌進行に取り入れる、
というのは宗教に騙されるのと変わりない、と個人的には
思ったりします。

たとえとしては良くないかもしれませんが
車にひかれて助かる確率・・・というのを調べる場合、
車のサイズもスピードもあたりどころも事故によって
まるで違うのに、とりあえず事故の数と生存数を調べて
確率を出す、みたいなものですね。
もしくは・・・競馬において、このレースでは過去に
「ア」で始まる名前の馬がよく勝っているからって
今回のレースで「ア」で始まる馬に賭ける、という感じ
でしょうか。もちろん・・・アホでしかありません。

河によってはリャンメンよりもねらい目になるカンチャンも
もちろんありますし、全員が前に出てこざるを得ない点棒状況と
守備重視の局面では対応がまるで変ってくるのが当然。
もちろん、ルールやレート、各自の打ち筋にも大きく左右されるわけで
並列に一緒くたにして数字をとって・・・意味がある、と
考える方がどうかしていると思います。

数字で考えることに意味がない、と言っているのではなく
意味のある数字と意味のない数字を区別しろ、ってこと。

東大卒・・・らしいですが、まさか東大までいって
こんなくだらないこともわからないとは思えないわけで
もしかして、一般大衆を煙に巻く、というか
間違った方向にミスリードしてカモ育成をしようとしているのでは?
とか邪推してしまいますね。

こういう似非科学みたいなのって本当にむかつくわ~
水素水と同じくらい気色悪いです。(>_<)